FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※「艦これ・闇(激戦!深海の亡霊、闇艦娘との闘い)(一般向け)」公開中です。
 詳細はHP「艦これ、こちら鎮守府第一基地前駐在所」にて



【艦これ】艦隊これくしょん・闇 響・黒編
第2章:闇艦娘、響
第02話


 提督の口がゆっくりと開く。
 そして同時に、提督の口から甘すぎる言葉が漏れ出した。

「愛してるぜ、響・黒」

 どくんッと響・黒の心臓が高鳴った。
 甘い口づけを交わしながら甘い言葉をささやかれると、心がどうしようもなく温かくなる。
 響・黒は開かれた提督の口に舌を入れ込み、提督の舌を絡ませる。

「んちゅぅ、んちゅぅぅッ、提督ぅ、んぅぅゅ、ずっとずっと、んゅぅぅん、したかったよぉ、んちゅぅぅ、キス、んんゅぅ、したかったよぉ」

 響・黒は夢中になって提督の舌を求める。
 そんな響・黒に、提督はささやきかける。

「愛してるぜ、響・黒」

「ッ!」

 びくんと響・黒の身体が揺れた。
 また言われてしまった。
 また愛をささやかれてしまった。
 あまりにも心地の良い言葉に、響・黒は妙な恥ずかしさを感じた。
 その恥ずかしさのせいだろうか、響・黒の秘肉門から淫猥すぎる水音が周囲に響いてしまっている。
 ぐちゅぐちゅ、ぎちゅぎゅちゅと水音をたてることで、秘肉門がどうしようもなく濡れていることを周囲に伝えている。

「んゅゅぅぅ、提督ぅ、ちゅぅぅゅ、私も、んゆぅぅ、愛してるよぉ、んちゅぅぅ、提督のこと、んゅちゅぅぅ、愛してるよぉ」

 舌を舐め合いながら、響は切ない声で愛の言葉を返す。
 提督は舌を激しく動かし、響・黒の舌だけではなく、口内の肉壁や歯、歯茎をぐにゅぐにゅと揉み舐める。
 激しい口淫に響・黒の目がいっそうにうっとりととろけていく。

「んぁぁぅぅ、す、すごいよぉ、んちゅぅああぁぅ、すごすぎだよぉ」

 口内中を舐められ、揉まれ、擦られ、つつかれ、響・黒は身が震えるほどに感じていた。
 もはやキスというよりは、口のセ●クスである。

「愛してるぜ、響・黒」

 また言われてしまった。
 口を犯されている響・黒は、提督の言葉を聞いて高まってしまう。
 このままでは口でイかされてしまう。

「あ……」

 寂しそうな声が響・黒から漏れ出た。
 提督の舌は響・黒の口から抜け出て、離れていってしまう。
 そして提督の舌は響・黒の頬を伝い舐めながら、そのまま首筋にまで移動した。
 提督は響・黒の首筋をずろろぉと舐め上げる。

「ひぅぅッ、て、提督ぅ」

 初体験では愛撫らしい愛撫をほとんどされなかった響・黒にとって、首筋を舐められるのは初めて体験である。
 身が震えるようなゾクリとした快楽に、響の心がとろけていく。
 提督の舌は響・黒の首筋をちろちろとくすぐるように舐め、舌全体を使って押しつけるように舐め、ときどき優しいキスをしたりと、ひどく優しくていやらしい愛撫をしている。
 鎖骨の辺りまで舐めたと思ったら、耳の真下まで舐め上げ、そしてアゴの下や喉をも舐め上げる。
 そして提督は耳の近くを舐めていると、ぽそりと熱い言葉をつぶやく。

「愛してるぜ、響・黒」

 響・黒の身体が揺れる。
 まただ、また愛をささやかれた。
 とても嬉しいのだが、どうしようもなく恥ずかしい。
 響・黒は幸せを感じる反面、ひどい気恥ずかしさに襲われていた。

「ひぃぅうッ!」

 響・黒は驚いたように身を跳ね上げる。
 提督が響・黒の耳たぶに噛みついている。
 あむっと唇で柔らかく耳たぶを噛まれてしまい、響・黒はむず痒い快楽にさいなまれる。
 そしてその直後、提督は耳たぶを甘噛みしながら、響・黒の耳に向かって愛をささやく。

「愛してるぜ、響・黒」

「ッッッ!」

 これ以上ないほどの至近距離で愛をささやかれ、響・黒は卒倒しそうな目まいに襲われる。
 優しい、あまりにも優しい。
 いつもは強気で攻めてくる提督が、今はどうしようもなく優しい。
 そして甘すぎるほどに甘い。
 初体験のときとは正反対な提督に、響・黒は肉体的にも精神的にも困惑してしまう。

「愛してるぜ、響・黒」

 また言った。
 決して軽い言葉ではない、本当に気持ちのこもった愛のささやき。
 嘘のない提督の本気の言葉は、響・黒の心を焦がしていく。
 提督は、まるで秘肉門を舐めるように響・黒の耳を舐め上げる。
 そして優しくささやく。

「愛してるぜ、響・黒」

 べろろぉと耳を舐められながら愛をささやかれてしまった響・黒は、どろろぉと秘肉門から愛油が溢れ漏れた。
 否応なしに身体が反応してしまう。
 嬉しい、嬉しいのだが、同時にどうしようもなく恥ずかしい。
 そんな羞恥にさいなまれている響・黒の目の前に、提督は手を寄せてくる。
 提督の手はぐっしょりに濡れていた。
 手全体がねっとりと愛油にまみれていて、特に秘肉門をこねいじっていた中指は透明は愛油によってコーティングされていた。
 あまりにも淫らで恥ずかしい淫靡な提督の手。
 提督の手をここまでいやらしく汚してしまった事実は、響・黒の羞恥をどうしようもなく揺さぶった。

「愛してるぜ、響・黒」

 またささやいた。
 羞恥に襲われている響・黒を更に追い込むように、羞恥の追い込みをかける提督。
 このままではおかしくなってしまう……そう思った響・黒は提督に止めるようにお願いしようとする。

「んぐぅッ、ひぃあぅぅッ」

 響・黒の気持ちを察知したのだろうか、提督は響・黒の口を塞ぐように、ぐしょ濡れになっている中指を響・黒の口に突っ込んだ。
 そして膣穴を舐め上げるかのように、響・黒の耳の穴を舐め上げる。
 響・黒はしゃべれなくされた状態で、耳をいやらしく愛撫されながら、また愛の言葉を聞かされる。

「愛してるぜ、響・黒」

 びくくんッと響・黒の身が揺り動く。
 何度聞かされても慣れることはない、提督の愛の言葉。
 慣れないということは、いつまで経っても恥ずかい気持ちは消すことができず、耐えきれないほどの羞恥心に襲われ続けることを意味している。。

「んゅぅッ!」

 そんな羞恥にさいなまれている中、提督は空いている方の手で秘肉門に指を埋める。
 そして閉じている秘肉門の奥にある膣穴を、くにゅぐにゅとこねいじる。

「ひゅゆぁぅぅッ、にゅうぅゅぅぁッ」

 優しい愛の言葉、優しい耳の愛撫、優しい膣穴の愛撫。
 それらはとても優しい快楽を生み出してくれるが、同時にひどくしつこく羞恥をあおってくる。
 嬉しくて死にそう、そんな奇妙な感覚に響・黒は襲われている。

「愛してるぜ、響・黒」

 もはや止まらない。
 言われるたびに響・黒は心を焦がされていく。
 このままでは心が燃え尽きてしまい、灰も残らずに消滅してしまう。
 響・黒は首を振って、たまらない気持ちを提督にぶつける。

「あ……あああ……もうダメ……もうダメだよぉ……私、壊れちゃうよ……おかしくなるよぉ……」

 提督はぬちゅぐちゅと水音を立てながら響・黒の耳を舐め上げている。
 その耳に向かって、提督ははっきりとした小声で言った。

「もうダメだぁ? なに言ってやがる、お前が欲しがってたのはコレだろぉ? 直接的な愛の気持ち、それを伝えてくれる愛の言葉、だろぉ?」

「んぅぁぁぁぅぅ、そ、そうだけど……でも、こんなにいっぱい……ひあぁぁゅぅんッ、う、嬉しいけど……でも、こんなにいっぱい……ダメだよぉ、こんなにいっぱいは……ひぃぅぅん……私、耐えられない……嬉しくて、嬉しすぎて、耐えられないよぉ……恥ずかしくて、我慢できないよぉ……」

 提督はわざと水音がたつように膣穴をこね上げ、唾液でびちゃびちゃになっている耳をずぞぞぞぉと吸い上げた。

「きゃぁぅッ!」

 イキそうになった。
 強烈な快楽が耳と膣穴から流れ出し、絶頂まで届きそうになった。
 しかし寸でのところで持ちこたえ、絶頂の波は少しづつ引いていく。

「響・黒よぉ、これからだぜぇ? まだまだ全然だぜぇ? お前はまだ、愛楽地獄の入口手前でつっ立ってるだけだ。 本当の地獄はこれからだぜぇ? 今からお連れしてやんよ。ご招待すんぜぇ。愛と快楽にどっぷりと漬け込まされる、いつまでも終わらない狂気の愛欲快楽地獄によぉ」

 提督は膣穴をこねいじっている中指を弾くように滑らせ、秘肉門の上部に鎮座している女淫豆をぐにゅりと押し揉んだ。

「ひぃあぅッ!」

 響・黒は身が震え踊りそうな快楽に襲われ、甲高い甘い悲鳴を上げた。
 まだまだ敏感すぎる未開発な響・黒の女淫豆。
 そんなデリケートすぎる女淫豆を、提督はきゅんと摘み上げ、にゅぐぐにゅと容赦なく揉み上げる。

「ッッッ!」

 響・黒は声を失った。
 あまりにも凶悪な快楽を生み出されてしまい、声帯が震えないほどに狂った、声にならない叫びを響・黒は上げている。

「愛してるぜ、響・黒」

 狂おしいほどの快楽に襲われている響・黒に、むごたらしい追い打ちをかける提督。
 愛が詰まった濃密すぎる言葉は、今の響・黒にとっては猛毒である。

「愛してるぜ、響・黒」

 猛毒を吐き続ける提督。
 響・黒は無言の叫びを上げながら、苦しそうに提督を見つめる。
 猛毒に犯され続けて、つらい、苦しい、狂おしい……そう言いたげな目で提督を見つめる響・黒。

「愛してるぜ、響・黒」

 更に追い討ちをかける提督。
 愛の猛毒に悶え苦しむ響・黒を見て、提督は満足げに微笑んだ。
 提督にとってすれば、響・黒の反応は予想通りであり、望むところである。
 それどころかまだまだ足りないとばかりに、提督は無情な追い討ちを更にかける。

「愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒」

 濃密な愛の言葉の連呼。
 提督は響・黒の耳に口を押しつけながら、ささやくように、しかしはっきりとした力強い声で、愛の言葉をぶつける。

「ッッッ! ッッッッッ! ッッッッッッッッ!」

 響・黒は顔を天に向け、無言の叫びを上げ続けている。
 女淫豆を襲う肉体的な猛毒的快楽、そして濃密な愛の言葉による精神的な猛毒的快楽。
 このふたつの猛毒が合わさることにより、数倍にも、数十倍にも毒性が増し、とんでもない劇物となって響・黒に襲いかかっている。
 響・黒は急激に高まっていく。
 絶頂の波が響・黒に襲いかかろうとしている。

「ッッッッッ!!!!!」

 ひと際大きく響・黒の身が跳ね上がった。
 イクッ! そう思った。
 しかし響・黒には絶頂がやってこなかった。
 イッたと思ったのにイけなかった響・黒は、身も心も混乱している。
 それはまるで、真っ赤に輝くほどに熱せられた鉄球を触ったのに、凍傷になるほどの冷たさに襲われたような、そんなひどく矛盾した現象を味わわされた響・黒。
 イッた気でいた響・黒は、得られるはずであった絶頂の快楽とは正反対な、どうしようもないほどの空虚な空しさにさいなまれている。
 混乱して状況がつかめないでいる響・黒は、周囲をきょろきょろと見渡して状況を把握しようとする。

「あ……そんなぁ……」

 女淫豆を摘み揉んでいたはずの提督の手が、いつの間に移動したのか、小さなピンク色のビラを撫でさすっている。
 そのせいで絶頂のタイミングが絶妙にずらされてしまい、イクことができなかったのである。
 相手にイッたと思わせて、実はイッていない……そんな悪魔的所業をこなしてしまう提督が、響・黒には本物の悪魔のように見える。

「愛してるぜ、響・黒」

 悪魔が言い放つ甘い猛毒の言葉。
 もはや響・黒にとっては呪いの言葉と化している。
 ずっと寸止めばかりされてイかせてもらえないでいる響・黒は、まともな思考を巡らせることができない。
 イきそうでイけない響・黒はすっかりじれてしまい、気が狂いそうである。
 精神は崩壊寸前で、涙腺が崩壊してしまう。
 ついに響・黒は、ぼろぼろと泣き出してしまった。

「ううぁ……こんなことして……うぁぅぅ……本当に愛してる? 愛してくれてるの? ……なんだかすごく不安……とっても悲しいよぉ……」

 涙ながらに訴える響・黒。
 そんな響・黒に提督は言葉を返す。

「愛してるぜ、響・黒」

 泣いている響に容赦なく愛をささやく提督。
 もはや泣きっ面に蜂である。

「ぅぅううう……ひどいよ提督……ぅぅぁぁうッ……こんなのひどいよ……本当は嫌いなの? ……だってこんなことするなんて……私のこと嫌いだから、こんなひどいことするの? ……ぅぅぅぅぅ……意地悪……意地悪だよ、提督……うああぁぁぁあああんッ」

 まるで叱られた幼児のように泣き出してしまう響・黒。
 そんな響・黒をよそに、提督は顔を秘肉門の方へと移す。

「ひぅんッ」

 大泣きしている響・黒の身がぴくんと揺れた。
 提督の手が秘肉門を開門し、提督の舌が露出した膣穴を舐め上げた。

「愛してるぜ、響・黒」

 じゅるじゅるぅと淫靡な水音をたてながら秘肉門を吸い舐める提督は、舌を淫猥にうごめかせながら愛の言葉をささやく。
 しゃべりながら秘肉門を舐められることで、びりりぃと痺れるような振動が膣穴に響く。

「愛してるぜ、響・黒」

 提督の言葉に反応してしまう響・黒は、止めどなく愛油を噴き出している。
 そして噴き出たそばから提督は愛油を吸い飲んでいく。

「て、提督ぅ、そんなに吸ったら……吸い続けたら……止まらなくなっちゃよ……出続けちゃうよ……」

 いつまででも溢れてくる愛油を飲み続けながら、提督は甘すぎる言葉を連呼する。

「愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒。愛してるぜ、響・黒」

 濃密な愛油を飲み下しながら、濃密な愛の言葉を連呼する提督。
 響・黒は特濃の濃密な愛を受け続けすぎて、嬉しすぎるストレスを溜め込んでいく。
 提督の愛を一身に受けるのは嬉しいことだが、反面、身体にかかる負担は非情なほどに大きい。
 とても嬉しいのにひどく苦しい。
 とても苦しいがひどく嬉しい。

「うああぅぅ、そんなにたくさん、愛がたくさん、ひゃぅううぅん、た、たくさんすぎて、嬉しい、嬉しいけど、にゅひゅぅぅううッ、すごく苦しいよ、きゃうぅぅゅぅうん、苦しいよぉ」

 提督の愛がどうしようもなく重て辛い。
 しかし、だからこそ嬉しい。
 嬉しい気持ちは響・黒の身と心を冒し、侵し、犯す。
 提督の重愛に犯されている響・黒は一気に高まり、絶頂が目の前にまで迫っている。

「あああああぅ、イ、イクよぉ、にゅああぅぅあぅん、イクよぉ、イッちゃうよぉ、ひぃぅぅううん、て、提督に舐め舐められてぇ、にぅぅゅううッ、イ、イッちゃうぅぅぅうッ」

 イク寸前!
 そのとき、響・黒はデジャブに襲われた。
 ついさっきのことである。
 イッた! と思わせながら実はイッていないという、非情極まりない寸止めをされたのだ。
 もし、また寸止めにされてしまったら、今度は正気を保っていられる自信がない。
 イッたと思ったのにイッていない、イきたいのにイかしてくれない、これはとてつもないストレスである。
 高まりきっているのにイかせてもらえない。
 それは例えるなら、難解な登山に挑んで、あと一歩で登頂成功! 山を征服寸前! というところで下山してしまうような、今までの苦労を無にするような、極めて無駄で無意味な行為。
 そんなもの、二度と味わいたくはない。

「や、やだぁ! もうやだぁ! イけないのイヤだぁ! イかしてくれなきゃイヤぁッ!」

 泣き出す響・黒。
 イかせてもらえない不幸すぎるイマジネーションが見えてしまった響・黒は、目の前に迫っているはずの絶頂の期待感が打ち消されてしまう。
 そんな負のイマジネーションを振り切りたい一心で、響・黒は身を起こし、提督の頭を掴む。
 そして提督の頭をぐいぐいと股間に押しつけ、太ももでぎゅううと提督の頭を挟み込む。
 絶対に離さない。
 イカせてくれるまで離さない。
 響・黒は必死な形相で提督を睨みつけ、渾身の力を込めて提督を拘束する。

「愛してるぜ、響・黒」

 こんなときにでも、提督は愛をささやいてくる。
 貪欲に絶頂の快楽を求める響・黒は、狂ったように叫ぶ。

「イかせてよぉ! 愛してるならイかせてよぉ! 私も提督のこと愛してるよぉ! たくさんたくさん愛してるよぉ! だからお願い! お願いだよぉ! イかせてよぉ! イかせてってばぁ! イきたいのぉ! イきたいんだよぉ!」」

 提督の舌が激しくうごめく。
 響・黒の膣穴をぐにゅぐにゅにこね舐め、きゅんきゅうと女淫豆を潰し揉む。
 提督の動きは、もはや寸止めなどありえないほどに激しい。
 どこまでも加速していってしまうような、どんどんと激しさを増していく動き。
 そして響・黒は確信する。
 今度こそイける、イかされる、果ててしまえる。
 やっと性の終わりに辿り着ける。
 響・黒は唇を噛みしめ、襲ってくるであろう絶頂の快楽に耐えれれるように身を強張らせる。

「愛してるぜ、響・黒」

 提督の愛の言葉が耳に届いた刹那、響・黒の中で何かが弾けた。
 そして秘肉門が爆発したように下腹部が震え上がった。
 響・黒はイッてしまった。

「ひぃああぅゅああぃうッ! にゅうゅああにぁぁゅああぅんッ! きゅあぁうらにゅゆにあぁぅぅああうッ!」


(遂行中)

目次はコチラ



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahupoko.blog62.fc2.com/tb.php/231-fece4571
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。