FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※「艦これ・闇(激戦!深海の亡霊、闇艦娘との闘い)(一般向け)」公開中です。
 詳細はHP「艦これ、こちら鎮守府第一基地前駐在所」にて



【艦これ】艦隊これくしょん・闇 響・黒編
第1章:闇艦娘の提督
第04話


 響が甘すぎる悲鳴を上げたその刹那、提督はスッと女淫豆から口を離す。
 今の今まで凶悪すぎる激流によって、女淫豆に凶暴な快楽を与え続けられていた響。
 しかし、いきなり、突然、快楽の供給を止められてしまった。
 あと少しで、本当にあと少しだけ刺激したらイク! というところで、提督は女淫豆を刺激するのをやめてしまう。

「え? ど、どうしたの? え、え? う、うそ……」

 あと少し、あと少しでイける。
 ほんの少し、ちょんッと女淫豆をつつくだけでイッてしまう。
 ちょっとだけ、ふぅッと女淫豆に吐息を吹きかけただけでイッてしまう。
 それなのに、提督は何もしてくれない。
 ただただ、じぃっと、響の秘肉門を眺めているだけである。

「や……やぁぁ……」

 女淫豆への刺激がいきなり途絶えてしまい、高まっていた女淫豆はどんどんと冷めていく。
 火傷しそうなほどの熱を感じていた女淫豆が、どんどん、どんどんと冷めていき、同時に絶頂の期待感も喪失していく。
 今の今まで激しく攻められていたのに、いきなり崖から突き落とされたような、どうしようもない絶望感が響を襲う。
 崖から落下した響はまるで無重力空間に迷い込んだように、地に足がついていない、ふわふわとした奇妙な感覚にさいなまれている。

「や、やだ……やだよぉ……」

 寂しい。
 切ない。
 悲しい。
 何も無い。
 身体にぽっかりと大穴が開いたような、ひどく空虚な感覚。
 宇宙空間に投げ捨てられたような、ひどく寒々しい恐怖感。
 喪失と恐怖……響はズキンと頭が痛んだ。
 そしてうなされているかのように、消え入りそうな声でつぶやく。

「本当は……沈みたくなかったよ……」

 響の声が聞こえた提督は、すぐさま身をのり出し、響の額に自分の額をぶつけた。

「響、お前……」

 互いの鼻が擦り合うほどの至近距離で、提督は焦り顔を響に見せつけている。

「提督?」

 響はきょとんとした顔で提督を見つめ返す。
 それを見た提督は安堵した顔になって響から身を離す。

「焦らすなバカ野郎……記憶の封印が解けたのかと思ったぜ……」

「提督、どうしたの? 響、何かしたの?」

「なんでもねぇ、気にすんな」

 提督はぎこちない作り笑いを響に見せながら、響の秘肉門をツンッとつついた。

「んぅッ」

 響は脚をぴくんと揺らして反応する。
 しかし、もはや絶頂に到達することはない。
 ついさっきまで、響の秘肉門は吐息ひとつかければ絶頂を迎えてしまうほどに、限界の限界まで高まっていた。
 だが今となっては後の祭り、冷めてしまった秘肉門は絶頂ゲージが最低値近くまで落ち込んでいる。
 イキそうだったのにイかせてもらえなかった響は、ひどく不機嫌な、むくれ顔で提督を睨みつける。

「提督……もう少しだったのに……どうしてこんな意地悪をするの?」

 むくれている響に、提督はデコピンを喰らわす。

「痛ぁッ」

「バカ野郎が。まだイかせたりしねぇよ。ちょっとばかりスケベ豆を舐められたからって、簡単に初イキすんじゃねぇよ。もったいねぇだろ? こんなにあっさり初めてを失ったらよぉ。いいか? 初絶頂はよぉ、もっともっと濃い快楽にお前を漬け込んでからだぜ」
 提督は響の目の前でニィッと笑うと、提督は響の股間に顔を寄せる。
 そしてチュッと優しいキスをした。

「ひぃぅッ」

「心配しなくてもよぉ、ちゃんとイかせてやるって。最高に気持ちよくイかせてやっから、楽しみにしてろや」

 提督は秘肉門全体を口ですっぽりと覆い、れろぉと舌を秘肉門に伸ばす。
 そして舌全体を使って秘肉門全体をずろぉずろぉと覆い舐める。

「ふあぁぅッ」

 提督は両の手を使ってしっかりと秘肉門を拡げ、開かれた秘肉門をべろべろぉと舐め上げている。
 響は膣穴からとろとろと愛油を垂らし続け、提督の口に漏らし流す。
 秘肉門に付着していたマンカスは、そのほとんどを提督の舌にすくわれて、愛油と共に提督の口に溜まっていく。
 黙々と響の秘肉門を舐め続ける提督。
 響はうっとりとした顔をしながら、とろけた目で提督の姿を眺めている。

「そろそろいっとくか」

 提督はいったん秘肉門から口を離し、左右に拡げている秘肉門をじぃっと見つめる。
 そして開かれた秘肉門を唇に見立てて、提督は秘肉門とキスをする。
 響と提督のキス。
 響はオ●ンコで、提督は口で、ねっとりとした熱いキスを交わしている。
 その光景は、普通に秘肉門を舐められるのよりも数倍にも、数十倍にも、数兆倍にもいやらしかった。
 響は下腹の奥の方がほっこりと熱くなる。

“ぬちゅぅるッ”

「ひぅぃ」

 提督は唇を少し開き、舌をれろぉと出した。
 そして響の小さな膣穴に舌をあてがう。
 まだ未開発の響の膣穴は、舌の進入を許しはしない。
 それでも浅くであれば、舌は膣穴の中に入っていける。

「やぁ……挿れちゃ、やぁ……」

 舌の挿入に不安を感じる響は、提督の舌入れを拒否してしまう。
 しかし提督はそれを押し切って舌を挿れ込む。
 舌は先っぽがほんの少しだけ入っただけである。
 それでも響にとっては、根元まで押し込まれたような錯覚を覚えてしまう。

「や、あ、あ、提督ぅ、舌を挿れないでぇ……挿れちゃダメだよぉ……」

「なんでイヤなんだ? これは俺とお前のディープキスだぜ? 嫌いか? ディープキス」

 キスと言われて、響はどうしようもなく嬉しい気持ちになった。
 なぜだろうか、提督とキスをしていると思うと、どうにも気持ちが高ぶり、喜んでしまう。
 そんな気持ちが言葉となって、響の口からこぼれてしまう。

「キス……好きぃ……キス、大好きぃ……提督、好きぃ……」

 うっとりとしていた響は、提督のキスに酔いしれている。
 膣穴からはどろぉどろぉと、ひと際多く愛油が溢れ漏れてくる。
 舌先が膣穴の中でうごめき、膣穴の入り口付近の膣壁を舐め擦っている。
 初めて触れられた膣内、響は甘美な快楽が膣内から生まれてくるのを感じて、更にどろどろぉと愛油を漏らす。

「もういいかぁ、こんだけ出りゃあ」

 提督は膣穴に唇を押し当て、じょぞぞぉッ! と膣を吸い上げた。

「ッッッ!」

 膣内に溜まっていた愛油が一気に膣穴に向かって流れ、物凄い勢いで愛油が膣穴から噴出する。
 膣内で起こった激流に翻弄されてしまい、愛油を吸いだされてしまった響は背をのけ反らせて感じてしまう。
 提督は響の膣口から口を離し、響の目の前に顔を寄せる。
 提督は口にたっぷりの淫汁を溜めこんでいて、頬が少し膨らんでいる。
 そして提督は淫汁の中で舌を泳がせて味わい、鼻をすんすんさせて香りを楽しむ。
 口の中の淫汁を味わい、香りを楽しんでいる提督を目の前で見せつけられ、響は恥ずかしさと羨ましさが混じった奇妙な感覚を覚える。
 そんな響を尻目に、提督はごくりと喉を鳴らした。
 淫汁は提督の消化器官に向かって流れ込んでいく。

「んはぁッ! んめぇ! 味も良ければ、香りもいいし、のど越しも最高ときてやがらぁ」

 提督が飲み込んだのは、響の愛油とマンカス、そして提督の唾液が混じり合った、ふたりの体液である。
 そんなものが実際に美味しいはずはない。
 しかし、提督にはそれが美味に感じている。
 それだけ響のことが好きでたまらない。
 響のことが好きで好きでたまらないからこそ、生臭い不快な体液が、まるで激務な仕事の後の生ビールのように感じてしまう。

「さてと、ご馳走は残さず食わにゃあ、シェフに申し訳ねぇってもんだよなぁ」

 提督は響の下腹部に潜り込み、秘肉門をくっぱりと開いた。
 更に秘肉門の上部を思いきり開き、女淫豆を露出させる。

「ひぃう」

 ついさっき外界を知ったばかりの響の女淫豆は、まだまだ敏感である。
 そんな敏感な女淫豆の皮の奥に、提督は舌先を刺し入れる。
 皮の間には、ほんの少し、本当にほんの少しだが、マンカスが残っている。
 そんな味すらするのかしないのか疑わしいほどの超微量なマンカスを、提督は丁寧に、ひどく丁寧に、しかし確実に、舌先でほじくり掻き出す。

「そんなッ! もういいッ! もういいよぉ! そんなのもういいよぉ……」

 敏感すぎる女淫豆を刺激されて、響はびくんびくんと腰を跳ね揺らして感じてしまう。
 そして重箱の隅をつつくような執拗すぎるマンカス採掘に、響はひどい羞恥を感じた。
 マンカスなんて汚物をご馳走と言い張る提督の気持ちは、響には理解できない。
 それにとてつもなく恥ずかしい。
 だがその反面、一生懸命になっている提督を見ていると、どうしようもなく嬉しい気持ちになってしまう。

「こんなもんかぁ?」

 提督は女淫豆にチュッとキスをして、舌舐めずりしながら秘肉門から離れる。
 きれいにされた秘肉門。
 皮の間、肉と肉の狭間、皺の奥の奥、普通にしていれば決して触れることはない個所を、提督は無理やり舌先をこじ入れて掻き舐めた。
 異常なほどにすっきりとした秘肉門。
 変にさっぱりとしていて、どうしようもなく清々しい。
 それがむしろ響には恥ずかしい。

「もう終わり? ……ですよね」

 響は脚を閉じようとする。

“ガッ”

 提督は響の膝を掴み、閉脚を阻止した。

「おいおい、誰が終わりだって言ったよ? やっとマ●コが綺麗になったんじゃねぇか。これからだぜ? これから」

 ぞくッとしたものが響の背中に走った。
 既に攻められ過ぎなほど攻められた秘肉門は、びりびりと痺れてしまっている。
 淫猥な淫電流が帯電しているような、いやらしい痺れを感じる。
 そんな限界がきている秘肉門を、攻める気十二分な提督が本気で攻めてくる。

「大丈夫……かなぁ……」

 響はこれからされることに不安を感じた。
 これ以上秘肉門を舐めたら、いじられてしまったら、正気を保っていられる自信がない。
 そんな響を尻目に、提督は響の秘肉門全体を覆うように吸いつき、じぅぅとゆっくり吸い上げた。
 秘肉門全体が引っ張られるような奇妙な感覚に、響はくぐもった声を漏らす。
 提督は吸い上げながら舌を伸ばし、膣穴をくにゅにゅぐとこね舐める。

「はぅッ」

 響は甘い声を漏らした。
 じっくりと吸われることで、膣内に溜まっている愛油が少しづつ吸い出されていく。
 あわせて膣穴を舐められることで、愛油は止めどなく溢れてきて、どんなに吸い出されても枯渇することはない。
 いつまででも愛油を吸い出されてしまう。
 このまま永久に愛油を吸われ続けるのだろうか?
 一生愛油を絞られ続けるのだろうか?
 そんな奇妙な予感が響をさいなむ。

“ごくり”

 提督の喉が鳴った。
 ごくんと飲み込めるほどの愛油を吸われてしまった。
 このままたくさんの愛油が提督に飲まれてしまうのだろう。
 響は恥ずかしくて、嬉しくて、不安で、止めてほしいが、してほしい。
 頭の中がごちゃごちゃになっている響には、どうしていいのかわからない。
 響は何もできず、秘肉門を吸い舐めている提督をぼんやりと眺めている。

“ちゅぽんッ”

 秘肉門に吸いついていた提督は音をたてて秘肉門を離した。
 そしてひくひくしている膣穴にチュッチュッとキスをする。

「あッ、やぁ……提督、また挿れるの? ……それ、恐いよ」

 響は膣穴に舌を挿れ込んでくる提督に向かって不安な声を漏らす。
 提督はぐッ、ずにゅるぅッ、と舌を奥へと進ませていく。
 提督の舌が、先程した舌入れよりも深く挿ってくる。
 処女の響にとって、膣への挿入はとても不安になる行為である。
 ましてや自分の指すら膣内に侵入させたことがない響とって、はじめての異物侵入となる。
 その不安たるやはかり知れない。
 響は拳を握り、目に涙を溜めながら、必死に不安に耐えている。
 そんな響の気持ちを知ってか知らないでか、提督は少づつ、しかし確実に、秘肉門の奥の奥へと舌を入れていく。

「あ……」

 響は提督の舌があるものに触れたことに気がついた。
 舌が辿りついたのは、乙女だけが待っている純潔の守護壁。
 まだまだ浅い深度で到達したそれは、響が生まれてから純潔を守り通してきた守護壁、処女膜である。
 提督は守護壁をれろろぉと舐め上げる。

「うぁぅ……」

 くぐもった声を漏らす響は、快楽というよりも不安にさいなまれて声を上げてしまった。
 響は処女膜を破られてしまうことに言い知れぬ不安を感じている。
 提督は舌先で守護壁をくすぐるように舐め上げると、ずろろぉと舌を引き戻した。

「怯えた声なんか出してんじゃねぇよ。心配しなくてもよぉ、お前のはじめては俺の主砲がいただく。これは絶対だからよ。間違っても舌なんかで破るようなヘマはしねぇよ」

 そうは言われても、そう簡単に不安は拭えない。
 響は怯えた目で提督を見つめている。

「そんな目ぇしてられんのも今のうちだぜぇ? そろそろ気合入れて舐めっからよぉ」

 まるで今までが遊びだったと言わんばかりのセリフである。
 そしてこのセリフは現実のものとなる。

「ひぃああぅッ!」

 響は甘く痺れた悲鳴を上げる。
 提督は膣穴を中心に秘肉門全体を舐め上げながら、右手で女淫豆をつまみ揉む。
 そして左の人差し指でお尻の穴をくすぐる。

「や、やぁぅッ! ひああぅあぁぁうッ!」

 強烈な三点攻めであった。
 膣穴、女淫豆、ア●ルから生まれる快楽は、互いを打ち消し合うこともなく、むしろ快楽は倍加して増幅されていく。
 あまりに強烈で鮮烈な快楽に、響は女淫豆を小刻みに震わせ、どろろぉと膣穴から愛油を噴きこぼし、ア●ルはぴくぴくとうごめいている。

「気持ちいいだろぉ? 膣穴、クリ●リス、ケツの穴って言えばよぉ、女の感じる場所ランキングのベスト3だからなぁ。それをいっぺんにいじくったらよぉ、そりゃあ気持ちいいに決まってらぁな」

 提督は意地悪な笑みを響に向けた。
 そして舌はだんだんとこねるようにうごめきだし、女淫豆はつぶれそうになるくらいに押し揉まれ、ア●ルはぎゅううと強くつつかれて中に入ってしまいそうになる。

「やああぁぁああぅッ! き、気持ちいいよぉ! だけど……怖いよぉ……気持ちいいけど……怖い……よぉ……」

 響は3つの不安を感じている。
 ひとつは膣に挿入されて守護壁を失ってしまう不安に、もうひとつは女淫豆をつぶされてしまう不安に、そして直腸内に侵入されてしまう不安に、響はさいなまれている。
 不安が不安をよび、響は不安を通り越して恐怖すら感じていた。

「怖い……怖いよぉ……怖いのにぃ……にゅううぅんッ……怖いけど……でも……ひゃううにゅぁぁぅんッ……」

 恐怖のさなかにいる響は、それでも感じていた。
 むしろ不安は快楽を倍加させる効果があった。
 不安なのに気持ちいい……しかしそれは、ひどく不自然でいびつな快楽……とてつもなく危なくて、いけない性行為である。
 しかしこの性行為、ひどい中毒性があって癖になってしまう。
 もしこんな性行為が癖になってしまったら、きっと別人になってしまう。
 アブノーマルな性行為でしか感じることができない、性の危険者になってしまう。
 性なるデストロイヤー、駆逐艦・響……シャレにならない。
 人格にまで影響するような、危なくて刺激的で中毒性がある性行為。
 そんな危険極まりない三点攻めで、提督は容赦なく響を襲う。

「ひゅあぅぅッ……提督ぅ……にゅああぅゅぅぅッ……提督ぅぅぅ……」

 響はうなされているかのように提督を呼び続ける。
 そんな響を眺めながら、提督は更に激しく三点攻めに興じる。
 膣穴に舌を挿れ込み、守護壁にまで到達した舌は、ちろちろぉと舌先で守護壁を舐め上げる。
 右の手で女淫豆をつまみ、ぎにゅぎにゅときつく揉み上げながら、ごしゅごしゅと擦り上げる。
 左の人差し指でア●ルをくすぐり、そしてグッグッと指先でア●ルを押す。
 膣は破瓜寸前、女淫豆は圧壊寸前、ア●ルは侵入寸前、しかし提督はあと一歩を踏み出さない。
 あと一歩というところで寸止めしている。
 限界ぎりぎりの寸止めは、不安、安堵、裏切り、悦び、様々な気持ちが混在してしまう。
 響は目に涙を溜めながら、苦しいような、嬉しいような、怒っているような、複雑な表情を浮かべている。

「あ、あッ、あぅゅ……こ、この感じ……何かが来る感じ……これって……イクッていうのが、来そう……」

 響の秘肉門は提督の容赦ない寸止め三点攻めによって高まりきり、絶頂が目の前にまで迫っていた。

「イキそうだぁ? ならイッちまいなぁ。今度は止めねぇからよぉ、思いっきりド派手にぶっとんじまえよ」

 イキそうだと申し出た響を眺めながら、提督は意地の悪い笑みを浮かべた。
 そして守護壁を舐めている舌はぐぐぐぅッと守護壁を押し、このままでは決壊してしまう。
 女淫豆はぎゅんぎゅんに摘み潰され、このままでは圧迫のしすぎで圧壊してしまう。
 ア●ルを押している指はググッググッと力がこもり、きゅううと閉められているア●ルがだんだんとこじ開けられ、このままでは直腸内に侵入してしまう。
 それはまるで響の絶頂にあわせて、守護壁の決壊、女淫豆の圧壊、ア●ルへの侵入を成し遂げようとしているように見える。
 響はどうしようもない不安に襲われた。
 このままでは本当に壊されてしまう。
 精神的にも、肉体的にも、響が壊されてしまう。
 想像もつかないほどに強烈な快楽が目の前にまで迫っている。
 しかし同時に、どうなってしまうのかわからないほどの破壊も目の前にまで迫っている。

「提督ぅ、怖いッ! 怖いよぉ! お願い、やめてよぉ! 私、イキそうだけど、イクのが怖いよぉ! このままじゃ私……響は……し、沈んじゃうよぉッ!」

 恐怖にひきつった顔を提督に向けている響は、声を荒げて不安な気持ちを叫び上げた。

「ハッ、沈むだと? おおよ、沈んじまえ。どこまでも深く沈んじまえよ。お前が沈んじまったらよぉ、俺が引っ張り上げてやる。例え光ひと筋届かない深海にまで沈んじまってもよぉ、素っ裸で素潜りしてお前を見つけ出して、絶対に救いだしてやるぜ」

 破壊の張本人が救ってやると言いきっている。
 天使のような悪魔の笑顔を見せる提督。
 不安の原因となっている提督の言葉がひどく嬉しい。

「……お願い」

「んん? 何がだ?」

 響は涙を流しながら、切ない気持ちが弾けた泣き顔で提督を見つめている。

「響が壊れたら……沈んでしまったら……響を助けて……響を救ってください」

「当然だ。俺はお前の提督だぜ? 部下を守ってやるのは提督の義務だ。それによぉ、好きな女を救ってやりてぇってのは、男の義務ってもんだ」

 提督の言葉を聞いて、緊張しきっていた響の身体から少しだけ力が抜けた。
 その瞬間、秘肉門が爆発したように激しい衝撃がほとばしり、物凄い電圧の淫電流が全身を走り廻った。
 膣穴がびくびくんと震えうごめき、大量の愛油をが噴き出している。

「イクぅぅぅッ! イッてるぅぅぅッ! イッちゃったぁぁぁッ! イッちゃったよぉぉぉッ! ひぃぅうううゅゅぅッ! イッてるぅよぉッ! イッたよぉぉぉッ!」

 絶頂の快楽に翻弄されて暴れている響は全身が跳ね上がってしまい、ばたばたと暴れてしまう。
 提督は響の下腹部をしっかりと抱き締め、絶対に離さないとばかりにがっしりと掴んでいる。

「ひゃああぁぁぁゅぅぅぅんぁぅッ! ひゅにゅううぎゅぅゅゅぁぁぅッ! にぃゆぅぅきゅむぁぁああぅああんッ!」

 まともに叫ぶことができない響は奇妙でめちゃくちゃな声を上げ続け、背をのけ反らせて暴れている。
 目の前がばちばちとフラッシュし、身体中に流れる淫電流のせいで全身が痺れて感覚が無くなり、息が止まってしまうほどの快楽が秘肉門から生まれ続けている。
 はじめて知った絶頂の快楽。
 それは常人であったら確実にショック死してしまうほどの猛悪な快楽。
 響は凶悪強烈な快楽性の猛毒に全身を蝕まれ、脳に致命的な快楽的ダメージを受けてしまう。
 脳に刻み込まれてしまったらもう後戻りはできない。
 一生忘れられない快楽体験、一生背負い続けなければならない快楽の十字架、一生縛り続けられる快楽の重鎖、まだあどけない少女である響にとってはあまりにも酷な重責である。

「あ、あ、あ、あ、あぅゅ……にゅぐにゃぁぁあああぅぁゅッ……」

 響を蝕み続けた絶頂の快楽は次第になりを潜め、少しづつ勢力を弱めていく。
 響は目の前が薄ぼんやりとなって、ホワイトアウトしてく。
 そして身体中から力が抜けて弛緩していき、そのせいでよだれが垂れ、緩んだ尿口からはぴゅるりとおしっこが吹き漏れた。

「あ……ああぅ……ゅぅぅ……ぅ………………」

 響は沈黙してしまった。
 光を失った目を見開きながら、響は何も見ていないかのように空間を見つめ、暴れていたのがウソのようにぴくりともしなくなってしまう。

「どうやら沈んじまったようだなぁ。快楽の奈落によぉ……それでいいんだ、響ぃ。言ってなかったけどよぉ、任務“闇の洗礼の前準備(その3)”はとっくに始まってたんだよ。それが今、達成されたぁ」

 提督はのそりと身を起こし、まるで死人のようになってしまった響に覆いかぶさる。

「今から、任務“闇の洗礼 闇を受け入れよ!”を発動する。約束どおり沈んじまったお前を救いだしてやる。素っ裸でお前の中に素潜りして、無理やりにでも引っ張りだしてやる」

 提督は響の脚を開き、肉主砲を秘肉門の中心、膣穴にあてがった。
 弛緩した響は秘肉門をだらしなく、くぱぁと開ききっている。
 愛油にまみれた響の下腹部は、摩擦抵抗が無いのかと錯覚してしまうほどにぬらぬらになっている。

「愛してるぜ、響」

 提督は物言わぬ響の唇に自らの唇を重ねた。
 そしてそのまま身を沈みこませ、肉主砲を秘肉門の奥へと押し進める。


(遂行中)

目次はコチラ



スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahupoko.blog62.fc2.com/tb.php/224-bc4c769d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。