FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※「艦これ・闇(激戦!深海の亡霊、闇艦娘との闘い)(一般向け)」公開中です。
 詳細はHP「艦これ、こちら鎮守府第一基地前駐在所」にて


※艦隊ウラこれくしょん 高雄型重巡姉妹編 序章はコチラ


【艦これ】艦隊ウラこれくしょん 高雄型重巡姉妹編
第1章:任務【「高雄」型重巡二番艦をおっぱいで撃破せよ!】
第01話


 俺は提督。
 提督ですよ、提督。
 ……提督なんだけどなあ。

 俺は司令官室で艦娘達に命令を出す日々を送っている。
 艦娘達は俺を信じて、俺が下す命令を忠実に遂行して、見事に成果を上げて帰投する。
 そして俺と艦娘達の間には血縁をも超える固い絆が生まれ、固く結ばれているのだ………………だったらいいのになあ。

 なんだろう、俺って艦娘達にとって、空気なのかなあ……
 好かれているとは思う。
 信頼もされてるんじゃないかなあ。
 だけどなんだろう、上司と部下の関係のはずなんだけど……でもなんていうか、友達感覚っていうか……いや、そういうのとも違うなあ……なんていうか、こう……

 男だと思われていない??

 なんだろうなあ……艦娘達って俺に対して恥じらいがないっていうか……むしろ艦娘同士の方が恥じらいがある気がするし……俺って嫌われてるわけじゃないんだど……好かれてる気もしないし……艦娘達は俺に興味がないのかな……そうではないと思いたいが……とにかく素っ気ないというか……とりあえずそこにいればいいんですッて言われてるような、そんな気がしてならないんだよな……俺って必要なのかな、艦娘達にとって……

 はぁ、自信なくすわぁ。

“ぐうううううぅぅぅ”

 はぁ、腹が鳴ったわぁ。

「もう昼か」

 俺は司令官室を出て、食堂へと向かう。

「あら、提督?」

 食堂の前にまでくると、愛宕が俺に気がついて声をかけてきた。
 高雄型重巡二番艦、愛宕。
 さすがは重巡、と思わせる迫力あるボディ。
 それは見る者を有無も言わさずに魅了する、もはや卑怯とも言ええるほどに魅惑的な……

「おっぱい!」

「??提督??」

 愛宕はきょとんとして俺を見つめている。
 いけない、ついつい声に出してしまった。
 でもなあ、反則ですよ、愛宕のおっぱいは。
 もはや人間やめてるレベルですよ。
 素晴らしいお胸ですもの、これは。
 これはいいものだ! と、先人な偉い人も言ってたですよ。

「提督ってもしかして、お食事はここで食べていらっしゃるのですか?」

「ああ、そうだよ。俺、料理苦手だしさ。なにより美味いんだよね、ここの飯」

 俺の声が聞こえたのだろうか、食事番をしている間宮が顔を出し、にっこりと優しい笑みを俺に向ける。
 給糧艦の間宮は料理の腕がプロ顔負けのレベルで、噂では美食●楽部の引き抜きにあったとか、美●會にさらわれそうになったとか、美●人間国宝の称号を持っているとか、グ●メ細胞の持ち主だとか、とにもかくにもとてつもなく料理が美味いのである。
 俺は緩んだ笑顔を間宮に向けて、へらへらぁと手を振った。

「て・い・と・くぅ」

 あれ? いま一瞬、愛宕が怒っていたような気が……いやはや、気のせいだろう。
 鋭い殺気を感じた気がして、俺は愛宕の方に向き直る。
 しかしそこにいるのは、いつもどおりの愛宕である。

「そうだ、あとで司令官室にきてくれないか。いま改装を考えててさ、相談しようと思ってたんだ」

「本当ですか提督! うふッ、お食事が済むころにおじゃましますね」

 俺はノレンをくぐって食堂へと入っていく。

「いつもの定食お願いねー」

 俺はへれへれぇとにやけながら間宮にだらしない笑顔を向ける。

“ぞくぅぅぅッ”

 背中に流れる冷たい電流。
 今度はしっかりと感じた鋭利な殺気。
 俺は目を見開いて、びくびくしながら後ろを振り返る。
 しかしそこにいるのは、にこにこと笑っているいつもどおりの愛宕である。

「気のせい……だよな?」

 愛宕はにっこりと笑ったまま、つかつかとその場をあとにした。

 ……それから一時間ほどが過ぎ、俺は司令官室に戻ってきた。

「げふぅ、喰ったなぁ、スペシャル艦隊定食・砲雷撃戦盛り」

 腹が膨れすぎて軍衣からだらしなく腹がはみ出ている俺は、椅子に寄り掛かりながら腹をさすっている。

「失礼しますね、提督」

 食後のまったり気分に浸かっている俺の元に、愛宕がやってきた。
 愛宕はにっこりと俺に微笑みかける。

「提督。ご相談というのは」

「そうそう、愛宕はいつも頑張ってくれてるからさ、ここらでパワーアップしてもらっちゃおうかと思ってさあ」

 愛宕の顔がパァッと輝やき、目をキラキラさせながら満面の笑みを浮かべる。

「本当ですか?! 私、強くなっちゃう! うふふっ、ありがとうございます、提督ぅ」

「げふぅッ……あ、ごめんね、愛宕。いやはや、喰い過ぎちったなこりゃ」

 輝いていた愛宕の顔が急に陰り、もやもやとした真っ黒いモヤに愛宕が包まれる。

「なぁ! なになになにぃ?! どどど、どうしちゃったかな、愛宕さん!?」

 ただならぬ雰囲気の愛宕を目にし、俺はかつてない恐怖に襲われた。

「提督ぅ……そんなに美味しかったのですか? ……そんなに嬉しそうにしちゃって……そんなに好きなんですか? 間宮さんが!」

「え? え?? 間宮が好きかって? あの奇跡のスペシャル艦隊定食のことか? ……好きですけど? むしろ大好き」

 愛宕を包んでいるモヤが更に邪悪さを増して増殖する。

「好き!? そんなに間宮さんが好きなんですか?!」

「好きですけど、定食……美味しいし……」

「美味しい?! ですってぇ! 間宮さんが?! 間宮さんが美味しいんですか!? 間宮さんを食べちゃったんですか?!」

「うん、美味しいんだよ、定食……美味しいからさ、朝昼晩の3食、全部食堂で喰ってるんだよ……しかも毎日」

「朝昼晩!? しかも毎日?! そ、そんなに間宮さんと……そんなにたくさん、間宮さんのことを……」

 愛宕の背後からゴゴゴという地響きのような低音が聞こえてくる。
 愛宕と会話をすればするほど、恐ろしいほどの殺気が増していく。

「ちょ、どうしたの愛宕さん?!」

「……提督が……提督がそんな人だったなんて、思わなかったです……」

 愛宕は目を真っ赤に光らせながら、キッと俺を睨みつける。
 俺は邪神に睨まれたように動けなくなり、がたがたと震えながら愛宕を見つめる。

「不潔です、提督ぅぅぅッッッ!!!」

“どかーん”

 一瞬の出来事だった。
 愛宕は俺に向かって砲撃した。
 カァッとまぶしい光に包まれたかと思った次の瞬間、司令官室は大爆発して吹き飛んだ。

「……………………げほ」

 俺の頭は爆発アフロになり、全身がすすだらけになっている。
 軍衣はぼろぼろ、部屋はもっとぼろぼろ、なにもかもがぼろぼろ……
 愛宕はくやしそうに目に涙を溜めて、ずたぼろの俺を睨みつけている。

 ――しばらくして

 優秀すぎる妖精さん達のおかげで、なんとか元に戻った司令官室。
 その司令官室の中で、愛宕は俺に向かって何度も何度も頭を下げる。

「申し訳ございませんッ! 私ったらなんてことを」

「あ、いや、いいんだよ。誤解が解けたんならさ」

「食べたのは間宮さんじゃなくて、間宮さんが作ったご飯の方だったんですね」

「そりゃそうだよ。いやはや、とんでもない勘違いだなあ」

 愛宕は申し訳ない気持ちでいっぱいなようで、目を潤ませながら俺を見つめている。

「大丈夫だよ愛宕、俺は怒ってなんかいないから」

「……本当ですか?」

「本当だって、気にしてないから。だからもう謝らないでよ……それにしても、なんでそんな勘違いしちゃったかな。しっかり者な愛宕らしくないよ」

 愛宕は頬を赤くして、もじもじしながら上目づかいになって言う。

「……だって……すっごく仲がよさそうだったから……」

 俺の心臓がドクンッと高鳴った。
 愛宕が嫉妬していた。
 俺はいままで、艦娘達に異性として見られていないと思っていた。
 しかし愛宕は明らかに嫉妬している。
 いきなり見せられた愛宕の女の子らしさに、俺は戸惑いながら全身を熱くする。

「仲がいいって? そりゃご飯のお世話をしてもらってるし、間宮って母性溢れまくりの誰とでも仲良くなっちゃう性格だし……でも特別に思ってるわけじゃなくてさ、鎮守府にいる皆は全員が仲間だろ? ファミリーだろ? だから家族としてのコミュニケーションというか、なんというかさあ」

「……でも、間宮さんといっしょにいる提督、すっごくデレデレですよ?」

「ええ? デレデレ?? そんなことないよ、いつもの俺だよぉ」

「いいえ、デレデレでした。デレンデレンのデレデレ提督でしたよ」

 確かに……俺はデレデレだったと思う。
 しかしそれには理由がある。

「うーん、だってさ……愛宕を含めてなんだけどさ、艦娘のみんなって俺のこと……空気に思ってない? なんだかそれが寂しくてさ……だから間宮みたいにドストレートな愛嬌を見せられちゃうと……ついついデレちゃうんだよなあ」

 しょげる俺。
 自分の気持ちを口にした途端、どうしようもなく寂しい気持ちになった。

「かわいいんですね、提督って」

 愛宕はうなだれている俺の頭を優しく撫でた。
 気持ちが落ちた俺に優しくしてくれる愛宕。
 勘違いとはいえ、俺のことで嫉妬してしまう愛宕。
 俺は胸がどうしようも熱くなり、とんでもなく切なくなった。
 不意に愛宕を見ると、愛宕は温かい笑顔を返してくれた。

「うふ、どうしました?」

 ダメだ、これはダメだ。
 かわいい、これはかわいすぎる。
 俺はあまりにも切なくて、たまらず愛宕に抱きつこうとする。

「愛宕ぉ!」

“むにゅうう”

 俺は勢いあまって愛宕の胸に飛び込んでしまい、俺の顔は愛宕のけしからんサイズなお胸に埋まってしまう。

「んもぅ、意外と甘えん坊なのですね」

 愛宕は胸に挟まっている俺の頭を抱きしめ、ふくよかすぎるお胸で俺の頭を深く包み込む。
 心地よい温もりと気持ちのよい柔らかさが、俺の頬にほんわりと、ふにゅふにゅと、ほっこり伝わってくる。
 あまりの心地よさに、このまま寝てしまえたら、ひと晩中天国体験が楽しめるだろうなと考えてしまった。
 それでもって朝になったら「んもぅ、提督ったら甘えん坊なのですね」と言って起こしてもらって――

「たまんねぇなぁ!」

 たまらなくなった俺は叫び上げながら顔を上げた。

“むんにゅうううううッ”

「ひゃうんッ」

 愛宕が甘い悲鳴を上げた。
 俺は無意識のうちに愛宕のたっぷりすぎるお胸を掴んでいた。
 俺の両の手が愛宕のお胸に埋まっている。

「わ、わ! わぁッ! ご、ごめんッ!」

 俺は慌ててお胸を掴んでいる手を離そうとする。

「いいのですよ? 提督」

 愛宕は俺の手の上に自分の手を乗せて、お胸に俺の手を押し込んだ。

「え、え? えぇッ! えええええ!?」

 愛宕は頬を赤くしながら、やわらかな笑顔を俺に向ける。

「私のお胸、気になりますよね。提督、いつも見てますものね、私のお胸」

「あ、やっぱりバレてました?」

 俺はテヘペロしてしまう。
 男のテヘペロなんぞ見せられたもんじゃないほどに汚いものだとは重々承知しているが、それでもテヘペロしてしまう。

「提督にだったら、いいんですよ? 提督は私のお胸、触ってもいいんですよ?」

 ……マジですか?
 そんなことを言われてしまったら、俺の理性はズドーンとどっかに飛んで行ってしまいますが。
 俺は愛宕のお胸を揉み上げながら、優しい笑顔を向けている愛宕の唇を奪ってしまう。

「んぅッ、んちゅぅぅんッ」

 唇を重ねられた愛宕は目を潤ませて、ほんわりととろけた顔を俺に向ける。
 戸惑いつつも俺に身をまかせている愛宕がどうしようもなくかわいくて、俺は舌を愛宕の中に入れ込んでしまう。
 舌の侵入を許してしまった愛宕は、ぴくんと身体を小さく揺らす。
 緊張しているのか、少しだけ震えている愛宕の舌を、俺は舌先で優しく撫でる。
 まるで怯えている子猫を撫でてやるかのように、俺は温かな気持ちを込めながら愛宕の舌を撫でてやる。

「んぅうッ、んううぅぅうんッ」

 舌を舐められて気持ちが高まったのか、愛宕は自らの舌をうごめかして俺の舌に絡める。
 俺と愛宕は互いに舌を求め合い、舌を絡ませ合い、口を吸い上げる。
 深く長いキスに酔いしれるふたりは口の端からヨダレを漏らし、口の周りを濡らしていく。
 そしてふたりはどちらからともなく、ゆっくりと唇を離した。

「提督、お願いがあるのですが……」

「お願い? 俺に?」

 恥ずかしそうに身をよじりながら、愛宕は意を決したように俺を見つめる。

「甘えるのは、私だけにしてくださいね」

 ドドクッとひと際大きく俺の心臓が高鳴った。
 かわいい、どうしようもなくかわいい。
 愛宕の乙女すぎる一面を見せつけられ、俺は切ない気持ちを爆発させてしまう。
 はっきり言って我慢の限界だ。

「俺……愛宕に甘えたい」

 俺は愛宕の首に巻かれた白いスカーフをほどき、シュルッと抜きとる。
 愛宕は俺をまっすぐに見つめ、とろけた目を俺に向けている。

「俺、たくさんたくさん甘えたいよ。愛宕に甘えたい。愛宕に死ぬほど甘えたい」

 たまらない気持ちの俺は愛宕に深い口づけをする。
 愛宕の口を舌で愛撫しながら、愛宕の上着をゆっくりと脱がしていく。
 上着の胸下のボタンを外そうとすると、手が愛宕の乳下に触れてしまう。
 すると愛宕は唇を重ねたまま、ぴくんと身体を揺すって反応してしまう。

「んちゅッ、んちゅぅぅッ」

 金属の塊のような装備品を丁寧に外し、床に置く。
 真っ白いシャツ姿になった愛宕。
 俺はシャツのボタンに手を掛ける。
 愛宕が着ている白シャツ……そもそも愛宕の大きなお胸を支えられるようなシャツなどこの世に存在するわけもなく、いま愛宕が着ているシャツは無理やりに胸のボタンを止めている状態であった。
 そのせいか、ボタンを外そうとするとボタンが愛宕のお胸に埋まってしまい、うまく外すことができない。
 それでも果敢に俺はボタンを外そうとする。
 すると愛宕はぴくぴくんとお胸を揺らし、身をよじらせる。
 まったくもってボタンを外せないでいる俺はあせる気持ちを抑えながら、丁寧に、ゆっくりと、確実にシャツのボタンを外していく。

「ん? あ、あれ?」

 シャツのボタンを幾つか外してみて、俺ははじめて知った。
 愛宕はノーブラである。
 これだけの立派すぎるお胸を持ちながら、ブラをつけないでいるなんて……いや、むしろ愛宕の立派すぎるお胸を支えてくれるような気概のあるブラなんて、この世には存在しないのではないだろうか。
 それにしてもここまでお胸が大きいと、普通なら型崩れしてしまいそうだが、愛宕のお胸は素晴らしく美しい形を保っている。
 俺は愛宕のお胸を感心しながら見つめて、着実にボタンを外していく。
 あまりにも愛宕のお胸に夢中になっている俺は、愛宕の胸から数ミリと離れていない距離から愛宕のお胸を凝視し続けている。

“しゅるるるぅ、ばぁいィィィィィんッ”

 シャツのボタンを外した瞬間、無理やり収納させられていた愛宕のお胸がバイィィンと飛び出してきた。

「ぱんぱかぱーんっ!」

 突然流れた愛宕の自前ファンファーレ。
 愛宕はおめでたいとばかりに両腕を上げて、渾身のバンザイをする。
 バンザイの勢いで胸が突き出され、俺はもろにおっぱいアタックを喰らってしまう。

“もふぅぉッ! ぼぅおおおぉぉぉおおおん! …………ぱふッ”

「うぉおッ! ぅわああぁぁぁああッ! …………ぬひッ」

 俺の顔はすっぽりと、完全に愛宕のお胸に挟まれてしまった。
 愛宕の生おっぱいに包まれている俺。
 心地よい温もり、低反発とも高反発とも言えない気持ち良すぎるやわらかさ、すべすべでいてもっちりとしている肌触り、たっぷりすぎる超々級のボリューム。
 愛宕のお胸は大きいだけではなく、形も見た目も触り心地も、全ての点において満点以上の、もはや奇跡といえるほどに素敵で素晴らしい極上おっぱいであった。
 そんな素敵おっぱいに挟まれている俺は、全身がどろどろに溶けてしまいそうなくらいに心地の良い天国を味わっていた。

「提督、私のおっぱい、好きですか?」

「好きです! 大好きです! 大好物です!」

「うふふ、それじゃあ私のことは好きですか?」

「好きです! 大好きです! 大好物です!」

「んもう、調子のいい提督ですね。でも嬉しいです、私のこと好きになってくれて。私も提督のこと、大好きですから」

 愛宕はお胸に埋まっている俺の頭を優しく撫で撫でした。

「提督、私のおっぱいで甘えたいですか?」

「甘えたいです! 超甘えたいです! 甘えさせてください、愛宕様ぁ!」

 俺は神を見るような目で愛宕を見つめる。
 いや、実際に神なのだ。
 高雄型重巡二番乳神・愛宕様!

「んもぅ、本当に甘えん坊なのですね。じゃあ特別に“愛宕スペシャルおっぱい雷撃”してあげちゃいますね」

「え? なになに? スペシャルおっぱい? 雷撃? なにその素敵すぎる技の名前……って、うわぁあッ!」

 愛宕は俺の顔に横からおっぱいを押しつけて、押したり、離したり、押したり、離したり……それを繰り返す。

「こ、これはぁッ! あ、あの伝説の……ぱふぱふってやつかぁッ!」

 愛宕は俺にぱふぱふをしている。
 極上おっぱいでのぱふぱふは、極上の心地よさで俺を包み込んでくれる。
 俺が自分でぱふぱふしているのはなく、愛宕が積極的にぱふぱふしてくれている。
 これはたまらない。
 もうたまらない。
 たまらないったらたまらない。
 これほどまでに“甘える”という言葉がびったしはまる行為は、他には無いだろう。
 愛宕の極上おっぱいでぱふぱふされていると、興奮する気持ち以上に、安らぎや安心な気持ちで心がいっぱいになってしまう。
 安らぎ、癒し、安心、それらは俺の精神年齢を著しく下げていく。
 まるで赤子になったような、変な気持ちにさせられてしまう。
 何にもできない赤ちゃんな俺を、全て受け止めてくれる愛宕。
 なんだか本当に、俺は赤ん坊になってしまったのではないか……そんな錯覚に俺は襲われる。

「あ、あぶぅ……」

 言ってしまって俺はハッとした。
 わざとではい。
 本当に素で言ってしまった。
 自然に赤ちゃん言葉が出てしまった。
 それを聞いた愛宕は目をとろけさせて、胸に挟んでいる俺の顔を抱きしめた。

「んもぅ、本当の本当に甘えん坊なのですね。提督ったら本当にかわいいです」

 母性全開な温かな顔で、俺を見つめる愛宕。
 俺の脳は極上ぱふぱふによって完全に溶かされてしまい、もはやまともにものを考えられない。
 愛宕は俺の頭を膝の上に乗せ、膝枕をする。
 すごい光景だ。
 目の前には愛宕の極上おっぱいの下乳しか見えない。
 いや、ほんの少しだけだが、おっぱいとおっぱいの狭すぎる隙間から、愛宕のやわらかな笑顔が見えている。

「赤ちゃん提督に、愛宕がおっぱいをあげまちゅねッ」


(遂行中)

目次はコチラ

スポンサーサイト
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahupoko.blog62.fc2.com/tb.php/211-cc371137
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。