FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「んふふふッ、いいよぉマナ。レジーナちゃん濡れてきちゃったよぉ。ねぇ、マナ。レジーナちゃんをもっともっと、もっとたくさん楽しませてくれる? くれるよね? くれなきゃやだもーん」

 ワムワムジコチューは出産直後の赤子よりも大きな巨大触手で、ずんずん、ぎゅちゅぐちゅと、プリキュア達の膣内を凌辱する。
 極悪な触手にピストンされて、オマ●コの中を擦られまくられているプリキュア達は、余りにも巨大は触手に擦られたせいで、オマ●コが内側からべろんとめくれてしまいそうな、ひどい感覚の錯覚に襲われていた。

「ふぎゅぅッ! んぎぃぃぃッ! ぎぎぎぎぎぃッ! ひゅぎゅみゅりゅぎゅううぅッ! んはあぁぁぅんッ」

 だが、そんな無茶で無謀すぎるピストンにも関わらず、キュアハートの口元からは、少しだけだが、熱くて甘い吐息が漏れていた。
 99%以上が苦痛であったが、ほんの少しだけ、1%にも満たない割合だが、快楽が混じっている。
 巨大触手の凶悪ピストンに、キュアハートは感じていた。

「……うぅぅぅ……ぎゃううぎゅうッ! きゃああぎゅああぅッ! ……んみゅぅん……うそぉ……うそだよぉ……うそでしょう……」

 キュアハートは困惑していた。
 気持ちいいわけがない。
 こんなにひどいことをされているのに、感じてしまうわけがない。
 キュアハートは混乱して正常なる判断ができなくなっていた。そんなとき、キュアハートはふと他の3人のプリキュア達の姿が目に入った。
 3人は薄ら笑い、巨大触手の悪行を苦もなく受け入れていた。
 どれだけめちゃくちゃにピストンされても、3人は平然と笑っていて、それどころか、どことなく喜んでいるようにすら見える。

「うそでしょ……みんな、うそでしょ……ダイヤモンド……ロゼッタ……ソードぉ……うそだよね? うそじゃないの? ……そんなぁ……あたしだけ? あたしだけなの? あたしだけ仲間外れ?」

 キュアハートの中で、またなにかが壊れてしまった。
 そして苦痛に歪んでいたキュアハートの顔は、少しづつ色めきだした。
 触手の責苦はほとんどが苦痛。だが、そんな中に、限りなくゼロに近かったが、ほんの少しだけ快楽が混じっていた。
 その微量すぎる、か細くて頼りない快楽に、キュアハートは感じていた。
 キュアハートの顔がアヘ顔になっていく。すがるような気持ちで、無に近い快楽を感じていく。

「んふふふッ、がんばるねぇマナったら。そうよね、そうやって苦痛をごまかさないと、簡単に壊れちゃうものね」

 もはやこうやって感じていないと、精神も肉体も壊れてしまうと、キュアハートの身体は判断していた。
 そして身を守る防衛本能として、キュアハートの身体はほとんど苦痛でしかない責苦を、快楽として受け入れることにした。

「んあああぁッ! もうわけわかんない! わかんないよぉ! ぜんぜんわかんないぃぃッ!」

 ぶわっと溢れた涙を吹き飛ばすように、キュアハートは身をよじって感じまくる。
 状況を理解しない……それもまた、キュアハートの身体がとった防衛本能の手段である。
 キュアハートの防衛本能によって、身体は脱力して成されるがままに無防備になっていき、頭は何も考えようとせずに、まるで幼児のように理解力が欠如した状態に陥っていく。

「もうわかんないぃぃ! わかりたくもないぃぃ! もう考えたくないぃぃ! 知らない! 知らないもん! もうなんにも知らないもん! ひゅあああぁぁぁんッ! 気持ちイイよぉ! 苦しいよぉ! 痛いよぉ! 最高だよぉ! うわぁぁあああんッ! もうやだぁ! もうやめてぇ! もっとしてよぉ! なんだかめちゃくちゃなのぉ! 頭の中がめっちゃくちゃ! あたしをめっちゃくちゃにしてぇ!」

 防衛本能のせいで支離滅裂なキュアハートは、意味のわからないことを口走りながらアヘッている。
 よだれを涙と鼻水をだらだらと垂らしながら、顔をぐちゃぐちゃにしている。
 そして開ききったオマ●コはぶしゅぶしゅと女恥汁を吹き出し、ア●ルからはどろりとした粘液が垂れ続ける。
 そんなひどすぎる姿のキュアハートを見つめるレジーナは、はぁはぁと息を荒くしながら頬をほんのりとピンク色にしていた。
 そして艶めかしく目をとろけさせて、物欲しそうに指を咥えている。

「んもう、マナったら本当にいい子ねぇ。すっごくステキだよッ。マナを見てたら、レジーナちゃんすっごく切なくなっちゃったよぉ。マナったら本当に悪い子ぉ」

 レジーナが乗っているダメブタジコチューの背は、幼く甘ったるい女恥汁でぬらぬらに濡らされていた。
 レジーナはふわりと身体を浮かし、宙に浮きながらキュアハートの目の前で仁王立ちになる。
 そしてレジーナのスカートから、とろりと女恥汁が垂れ落ちていく。
 とろりと、ぽたりと落ちていく女恥汁を、ダメブタジコチューは大口をあけて口でキャッチし、嬉しそうに飲み込んでいく。

「これ邪魔ぁ。特別にあんたにあげるわ」

 レジーナは無造作にパンツを脱ぎ、真下で地面に這いつくばっているダメブタジコチューの頭にパンツを落した。
 ダメブタジコチューは歓喜の叫びを吠え上げながら、じゅぶじゅぶに女恥汁を吸いきったパンツを咥え、まるで骨にじゃれつく犬のようにパンツを凌辱していく。

「マナにもご褒美をあげちゃうッ」

 レジーナはバッとスカートを上げ、仁王立ちの格好のままブルルッと身を震わせた。
 そしてレジーナの尿口から、濃い黄金色の幼尿が勢いよく吹き出された。
 巨大触手に凌辱されているキュアハートは、頭からレジーナの幼尿を被り、全身幼尿シャワーで身を濡らしていく。

「これぇ、ご褒美ぃ? ご褒美らのぉ? うれしいなぁ、うれしいよぉ。うれしいのちょうだぁい。たくさんちょうらぁい」

 キュアハートはだらしなく口を開けながら、顔で幼尿を受け止める。そして舌を出しながら、幼尿を味わっている。

「おいしい? おいしいでしょ、レジーナちゃんのおしっこ。たっぷりあげるからねッ」

 そうは言いながらも、レジーナの尿口からは次第に幼尿が減っていき、そして止まってしまう。

「んあぅ? もうおわりらのぉ? ごほうびおわりぃ? やーんぅ、もっとほしかったろぉ」

 キュアハートは悲しい目をレジーナに向けて、泣きそうな顔で甘える。

「んもう、マナったら甘ったれちゃんなんだからぁ。特別にレジーナちゃんの舐めさせてあげるッ」

 レジーナは幼尿と女恥汁でぐっしょりになったオマ●コを見せつけるようにM字開脚し、宙に浮きながらキュアハートの顔にオマ●コを寄せる。

「わぁいぃ、なめるのぉ? なめてもいい? あたしなめるぅぅ。なめたああぁぁぁい」

 キュアハートはだらしなく垂れている舌をレジーナのオマ●コに向けた。

“ぴちゅん”

「ひぅゅッ」

 可愛らしい甘い悲鳴がレジーナの口から漏れ出た。
 キュアハートの舌先がレジーナのぷっくりとした丘肉をつついた。
 レジーナはうっとりとした目でキュアハートを見つめる。
 キュアハートは忠実な駄犬のような目でレジーナを見上げながら、嬉しそうに笑ってレジーナの幼いオマ●コを舐める。

「んぁあッ、マナったら上手ぅ。素敵に上手よぉ。んふぅぅ、気もちいいよぉ。本当にマナ、大好きだよぉ」

 キュアハートの舌は、ひどく優しく、柔らかに、丁寧に、レジーナのオマ●コを舐めていく。
 女だからこそわかるオマ●コの気持いい箇所。女だからこそわかるオマ●コの扱い方。女だからこそわかるオマ●コのして欲しいこと。
 キュアハートの脳は思考を停止してしまっているが、本能的にレジーナのオマ●コを楽しませている。
 何も考えられずとも、レジーナを気持ちよくして、高めていく。

「ひぅぁゅッ、いいよぉマナぁ。レジーナちゃんとろけちゃうッ。もうとろけてるぅ。大好きマナぁ。もっとマナが欲しいよぉ。マナはレジーナちゃんのものだよぉ。マナはレジーナちゃんがもらってあげるッ!」

 レジーナはうっとりと身を震わせながら、キュアハートの舌を楽しんでいる。
 キュアハートの舌技は、決して卓越したものでも洗練されたものでもないが、とても愛情のこもった、嬉しい気持ちにさせられるものであった。

「気持いいろぉ? あたしうれしいなぁ。よろこんでくれるのうれしいろぉ。あたしも気持ちイイろぉ」

 極悪触手に凌辱されているオマ●コから、だらだら、ぼたぼたと、大量の女恥汁が垂れ落ちる。
 ぷっくり膨れて伸び勃起しているクリ●リスはピクブルンと震え、ア●ルはもにゅもにゅとうごめている。
 キュアハートは自ら感じながらも、レジーナを感じさせることに一生懸命である。

「ひゅぅゅ、気もちいいよぉ。マナ、すっごく頑張ってるね。レジーナちゃんのために頑張ってるよぉ。だからもっともっと頑張ってね。もっともっとがいいよ、マナ。今もマナのこと大好きだけど、もっともっと、マナのこと大好きにさせてよぉ!」

 丁寧で実直で素直なキュアハートの舌の動き。キュアハートのク●ニには一点曇りのなく、とても晴れやかで素晴らしいク●ニであった。
 舌技こそ稚拙であったが、それが気にならないほどに愛に満ちた、極上のク●ニ。
 レジーナはキュアハートが好きすぎる気持ちを抑えきれず、甘く切ない声で叫び上げた。

「気持いいよぉ、マナぁ! 素敵だよぉ、マナぁ! 大好きだよぉ、マナぁ! レジーナちゃん、もうイキそうぉ! 果てそうだよぉ! だからマナもイこう! 一緒がイイよぉ! 一緒じゃなきゃイヤだからねッ! マナもイこうッ! マナもイッて! マナも一緒にイクのぉ!」

 限界が近づているレジーナはひとりで果てるのが寂しいのか、一緒にイこうとマナを誘う。

「いいよぉ、いっしょれいいろぉ。あたしもイクろぉ。レジーナもイクろぉ。オマンマンでイッちゃうろぉ」

 ろれつがまわらずにレロレロ言葉になっているキュアハートは、にっこりと笑んでレジーナを見上げる。

「ひぅッ! も、もうダメぇ! い、イクよぉッ! イッちゃうのぉッ! ひゃううぅぅうんッ! す、すごいよぉ! すごいのくるよぉ!」

 レジーナは身を震わせて、これからくるであろう絶頂に期待しながら、エクスタシーに立ち向かう覚悟を決める。
 その絶頂はあまりに大きく、ひどく凶悪に気持ちがいい……そんな予感がしている。
 あまりに強烈で刺激がありすぎる絶頂がくる……レジーナは期待に胸をときめかせながら、心臓が痛くなるくらいに不安を感じていた。
 レジーナは強気の笑みを浮かべながらも、すがるような弱々しい目でマナを見つめている。

「イこう、イこうろぉ、イグゥのぉ、イググゥらのぉ、たくさんイグゥなろぉ、イググゥらのぉ、たくさんたぐざん、たっぷりとっぷりイグゥらのぉ、イクぅ、イグググゥらよぉぉぉ」

 キュアハートは腰をくねらせながら、お尻をふりふりさせて巨大触手のうごめきを楽しみ味わっている。
 キュアハートの目は快楽にさらされすぎて、とろとろにとろけきっている。
 そしてこれからくる絶頂という名のビッグウェーブに期待して、目をぎらんぎらんに輝やかせている。
 そんなキュアハートを目の当たりにして、レジーナはオマ●コにひどく熱い熱源を感じた。
 その熱源はレジーナの全身を焼くように身体中を焼いていく。
 レジーナの中で身が焼かれるほどに熱い快楽が、オマ●コを中心にして爆発した。

「ぅぁんッ! ぁッッッッッッッッッッッッッッッッッッッッ!!!」

 声にならない叫びが天を突き抜ける。
 レジーナは絶頂を迎えた。
 膣口からはどろりと濃い女恥汁と、ぶしゃあとさらさらな女恥汁が同時に噴き出し、オマ●コを舐めているキュアハートの顔をとろんとろんに濡らしていく。
 そしてひと際大きく身を震わすと、レジーナは身体の奥底から甘すぎる歓喜の悲鳴を吐きだした。

「ひゃうううぅぅぅあああああぁぁぁぁぁううああぁううぅぅあああんッ!!!」

 レジーナの淫声に感化されたのか、キュアハートも絶頂を迎えてしまう。
 キュアハートは巨大触手を挟み潰す勢いで、膣口を閉じ締めつける。膣壁で巨大触手を締め潰す。
 そしてキュアハートは壊れた甘い悲鳴を叫び上げる。

「ひゅああぁらやああぁぁぅぅうあありゃららりゅあああぁぁぁううぅあああんッ!!!」

 キュアハートの開ききったオマ●コから濃すぎるほどに濃い女恥汁が吹き飛んだ。
 そして尿口からは黄金の恥駄尿が勢いよく吹き出た。
 黄金の尿が地面に落ちる……その直前に、ダメブタジコチューは身を削るように地上を滑り込み、大口を開いてキュアハートの尿をキャッチした。
 そして酒しか楽しみがない悲しきサラリーマンが豪快に飲むビールのように、ごくんごくんと喉をならして尿を飲み込んでいく。

「んぁぁぁ……はぁぅ……す、すごぉいぃ……すごかったよぉ、気持よかったよぉ……マナと一緒だったぁ……マナといっしょにイッちゃったぁ……んぅぅぅッ、素敵ぃ……マナといっしょで嬉しいよぉ……すっごく素敵ぃ……」

 レジーナは恍惚の表情を浮かべながら、薄く笑んでいた。
 そして宙でぐらりと体勢を崩し、ふらふらしながら地面に落下する。
 地面に激突! ……する直前に、ワムワムジコチューは無数の触手を絡め合わせ、キングサイズよりも大きな触手のベッドを作り上げた。
 レジーナが触手のベッドの上に落ちると、触手は優しくレジーナの身を受け止めた。
 そしてレジーナの横に、キュアハートが落下してきた。
 絶頂を迎えて気を失う寸前のキュアハートは、やっと触手から解放された。

「んぅ……マナぁ……よかったよぉマナぁ……すごくよかったよぉ」

 真横にいるキュアハートに抱きつき、身を重ねるレジーナ。
 とろけた目をしながら嬉しそうに笑んで、レジーナは額をキュアハートの額に重ねた。

「よかったらぁ? あたしもよかったらぁう。レジーナといっしょにイググゥれ、サイコーらよぉ」

 キュアハートは目の前にあるレジーナの顔に向かって、アヘった目をしながら嬉しそうに笑った。
 レジーナは切ない気持ちが抑えきれず、目の前にあるキュアハートの唇に吸いついた。

「んふぅッ、んううぅぅぅん」

 突然の接吻。
 甘ったるい幼いフェロモンを漂わせているふたりの少女が、唇を重ねている。
 キュアハートはレジーナの唇を受け止め、レジーナの舌を受け入れ、口内を舐め上げるレジーナを歓迎する。

「んううぅふゅぅ、ふゆゅぅにゅううん」

 レジーナは甘えるようにキュアハートに抱きつきながら、懸命に舌でキュアハートの口内を犯していく。
 そんな淫靡で一所懸命なレジーナの舌に、キュアハートは自らの舌を絡めた。
 やわらかでまだ幼さが残る少女の舌が、みゅむみゅむと絡まり合う。

「んううぅッ、んぶゅぅぅん」

 舌を絡め合うことで互いの唾液も絡まり合い、混ざり合う。
 そして混ざり合った唾液はふたりの喉を通って、滑らかに胃にすべり垂れ落ちる。

「マナぁ、好きぃ、マナのこと大好きだよぉ、マナぁ、だぁぁぁい好きぃぃぃ」

 レジーナはキュアハートの舌を舐め上げ、口内の肉壁を擦り舐め、歯と歯茎を揉み舐める。
 キュアハートが好きすぎてたまらないレジーナはひどく興奮し、キュアハートの口を吸うのに夢中になっている。
 可愛らしく健気で懸命なレジーナの感触を、キュアハートは口で味わっていた。
 レジーナが舌を絡め、舐め上げてくるたびに、キュアハートの中で凍りついていたものが溶かされていく。

「んゆゅゅぅ……?? ……ぁぅ??」

 少しづつではあるが、キュアハートに考える力が戻り始めていた。
 防衛本能によって停止していた思考が回復しつつある。
 霧の深い樹海の中に迷い込んでしまっていたキュアハートの意識は、レジーナの一所懸命な接吻によって救出される。

「マナぁ……マナぁ……」

 はぁはぁと息を荒げながら頬をピンク色に染め上げているレジーナは、腰をくねらせながらキュアハートの下腹部に自らの下腹部を密着させる。
 そして互いの脚を開かせてオマ●コを重ねる。ねちゃりという水音が響くのと同時に、ぬらぬらで温かな感触が互いのオマ●コに伝わった。
 レジーナはマナが好きすぎる気持ちがどうしても収まらず、切ない気持ちに押しつぶされそうになっていた。
 そんな気持ちが激しすぎる性衝動となり、レジーナに襲いかかる。
 レジーナはマナの身体が欲しくなった。欲しくて欲しくてたまらない。

「マナぁ……マナぁッ! ひとつになりたいのぉ、マナぁ! マナとひとつになりたいよぉ! マナが好きッ! マナが欲しいッ! マナとひとつになりたいッ! だから貰ってあげるッ! レジーナちゃんがマナを貰ってあげるッ!」

 レジーナはキュアハートのオマ●コに自らのオマ●コを密着させて、腰を激しく振りだした。
 ぬちゅぐちゅりゅという粘り気のある水音が淫靡に響く。そしてオマ●コ同士が激しく擦り上げられる。
 ぬらぬらな女恥汁を垂れ流している膣口、ぴゅるりと黄金聖邪水を噴き出す尿口、ぷっくりと伸び勃起しているクリ●リス、ぷっくりとした柔らかな丘肉、オマ●コの全部が全部、にゅらにゅらと擦られていく。
 敏感なところも鈍感なところも、気もちいいところも痛いところも、嫌なところも好きなところも、いっぺんに、いっしょくたに、容赦なく擦られていく。

「ひゃうぅッぃ! すごぉぉぉおおいッぅ! マナぁ、すごいよぉ! とろけるぅッ! とろけちゃうッ! とろけちゃったぁッ!」

「ひゅああぁぁぅッ! レ、レジーナぁ! あたしもしゅごぉいぃぃッ! とろけるぅ! もうとろけてるぅ! あそこがとろとろでぬちゅぬちゅで、しゅんごぉぉぃいいいよぉッ!」

 キュアハートは一所懸命なレジーナをうっとりと見つめながら、レジーナの舌に自らの舌を絡める。
 互いに求めあうように舌が絡まり、ふたりの少女は互いを欲しがりながら口を吸い合う。
 それでは足りないとばかりにレジーナは激しく腰をくねらせて、オマ●コでオマ●コを擦りまくる。
 レジーナに合わせるように、キュアハートもオマ●コでオマ●コを擦りまくる。
 互いにオマ●コを擦り合い、デリケートな性器をめちゃくちゃに擦りつけまくる。
 そして伸び勃起したふたりのクリ●リスがぶつかり合うと、ふたりは全身を震わせて涙を溢れさせる。
 ふたりは強烈すぎる快楽に負けることなく、懸命にオマ●コを擦り合わせて互いを求め合う。

「マナぁ! 好きぃ! 大好きだよぉ! マナ好きだよぉッ!」

「レジーナぁ! あたしもぉ! レジーナ好きぃ! レジーナ大好きだよぉ!」

“びっくぅぅぅぅぅぅんッ! びくびくビククゥゥゥんッびくくッ!!”

 ふたりのオマ●コが高まりきり、爆発したように強烈で猛悪な快楽がオマ●コから全身に向かって流れだした。
 絶頂を迎えたふたりは、同時にイッた悦びを噛みしめながら、ぎゅううと互いを抱きしめ合った。
 そして声にならない歓喜の叫びを上げながら、全身を震わせて激悪快楽に悶絶する。

「ひぃぅッ! ひゃううぅぅんッ! にひゃああぁぁぅぁぁッ!!」

 絶頂を迎えてから何分が経ったであろうか。ひどく長い時間、ふたりの全身を絶頂の快楽が襲い続ける。
 超悪なエクスタシーがいつまでも消えることなく全身を駆け巡り、イキっぱなしの状態が終わることなく続く。
 ふたりはよだれを、涙を、鼻水を、汗を、女恥汁を、恥粘液を、恥邪尿を、だらしなく垂れ流しながら感じていた。


(つづく)

目次はコチラ

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahupoko.blog62.fc2.com/tb.php/206-eb51942a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。