FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 レジーナはダメブタジコチューの頭をゲシぃと蹴飛ばした。
 するとダメブタジコチューは嬉しそうに声を上げ、四つん這いになる。
 レジーナはどずんと勢いをつけてダメブタジコチューに乗っかり、だらけた格好で座り込む。

「さぁて、今度はソードちゃんの番だよ。ロゼッタちゃんやダイヤモンドちゃんに負けないくらいに壊してあげるから、楽しみにしててねッ」

 レジーナはキュアソードにウィンクをして微笑みかける。そんなレジーナをキュアソードは不安と怒りの混じった複雑な表情をしながら睨みつける。
 その傍らには、もうどこも見ていない、ただの駄肉人形と化してしまったキュアロゼッタとキュアダイヤモンドがいる。
 そんなふたりを目の当たりにして、キュアソードは顔を真っ青にしていた。

「んふふふッ、不安? そうよねぇ、ソードちゃんってば、打たれ強そうだけど実は打たれ弱いでしょ? 強いハートを持ってそうだけど実はグラスハートでしょ? 芯が強い勇敢な女の子のようで実はただの弱虫でしょ?」

 相手の逆鱗にあえて触れようとするレジーナの物言いに、キュアソードは猛烈な怒りを感じた。
 しかしキュアソードは心の中で燃え盛っている怒りの炎を懸命に鎮めながら、冷静な物言いをする。

「私は自分が強いだなんて思っていない。でもあなたに弱虫なんて言われる筋合いはない」

「えー、弱虫だから弱虫って言ったんだよぉ? だってソードちゃん、そこで駄肉人形になったロゼッタちゃんやダイヤモンドよりも、こっちを見ようともしないハートちゃんよりも、ぜーんぜん格下で弱虫じゃない?」

「な、何を言っているの!? 私はハートやダイヤモンド、ロゼッタより強いとは思ってない。でも弱虫ではないわ! あなたのような意地の悪い性悪娘に、そんなこと言われたくないわ! あなた、私に弱虫って言うけれど、本当はそんなこと言ってるあなたこそ弱虫なんじゃない?」

 レジーナは目を細めて意地悪く笑った。

「ふーん、このレジーナちゃんを弱虫呼ばわりしちゃうんだぁ。ねぇ、ソードちゃん。この私を弱虫って言うくらいだから、ソードちゃんはさぞかしお強いんでしょうねぇ」

 キュアソードはレジーナをきつく睨む。

「私は自分が強いだなんて……んぐッ、ふぐぅううぅッ」

 キュアソードが話している途中なのにも関わらず、ワムワムジコチューは極太の触手をキュアソードの口に突っ込んだ。

「んぐぅッ! ふぐぅううんぐぉむッ!」

「んふふふッ、とぉってもお強いソードちゃん。あなたが強いってところ、存分に見せてもらうからねッ」

 極太の触手はキュアソードの口の中で、ぐねぐねとうごめいている。

「まずはお口を犯してあげちゃうッ」

 レジーナの声に反応したのか、ワムワムジコチューは口に入っている触手を出し入れしてピストン運動させる。
 キュアソードの口からはじゅぼじゅぼと、いやらしい水音が響く。

「んぐぉむッ! むぐにゅぐぐぅッ!」

 キュアソードは頬の内側の肉壁を触手に擦られて、どんどんと変な気分になっていった。
 ぬらぬらで生温かい触手は、キュアソードの舌をも擦り上げ、いかにもいやらしい淫靡な動きをしてみせる。

“ぶしゅうッ! ぎゅぶじゅしゅぶぶッ!”

「ワ、ワムワムジコチュー!」

 突然、ワムワムジコチューは悲痛な声で吠え上げた。
 キュアソードの口に突っ込まれている触手は、痛々しく身じろぐように震えている。
 そしてキュアソードの口角からは、紫と緑を混ぜたような奇妙な色の液体が流れ出ている。

「きゃあああああッ! ソ、ソードちゃんってば、ワムワムちゃんの触手を食いちぎったわね! ひどぉぉぉい! な、なんてことするのよぉ!」

 レジーナは大袈裟に取り乱し、今にも泣きそうな顔をキュアソードに向ける。
 キュアソードは触手を咥えたまま、してやったりな目でレジーナを見つめる。

「……なぁんて、言うと思っちゃった? んふふふッ、ばっかみたいッ」

 レジーナはペロッと舌を出して、馬鹿にするようにキュアソードを見下ろす。

「ソードちゃんって弱虫なくせに勝気な性格だから、絶対に触手を噛み切るって思ってたんだぁ。案の定、噛みちぎっちゃったね。あーらら、たいへんだーたいへんだー」

 突然、キュアソードはきつい目まいに襲われた。
 頭の中がぐるんぐるんと回っている。
 全身が気だるく熱くなり、しかし妙なほどに心地のよい気分になってる。

「んふふふッ、さっそく効いてきたみたいね。ワムワムちゃんの体液にはね、強烈な催淫効果があるんだよッ。しかも凶悪な中毒性もあるの。それってどういうことかわかる?」

 キュアソードは触手を咥えながら、ちゅうちゅうと音がするほどにきつく吸い上げる。
 苦いような、酸っぱいような、生臭いような、決して美味しいとはいえないワムワムジコチューの体液を、キュアソードはごくんごくんと喉をならして飲み込んでいく。
 ワムワムジコチューの体液を飲み込んでいくのは、かなり気持ちが悪いし、猛烈な嫌悪感を感じる。
 しかし、キュアソードは飲み込むのをやめることができないでした。
 それどころか、もっと欲しい、もっともっとたくさん欲しいと、身体が体液を欲してしまう。
 こんなものを飲み込んではいけない……頭ではわかっていても、口が勝手に体液を飲み込んでしまう。

「んぐぅぉむぃッ! むゅぐにゅぐくぐぅッ!」

「すっごい中毒性でしょ? やめられない、とまらないでしょ? んふふふッ、いくらでも飲んでいいんだよ。ワムワムちゃんの巨体がカラカラに干からびるまで、飲みに飲んでみなさいな。そうやって飲めば飲むほど、催淫効果はきつくなっていく一方だよぉ」

 体液が喉を通って胃に流し込まれ、そして消化されて身体中に浸透していく。
 凶悪な催淫効果のある体液が、全身をくまなく侵していく。
 無尽蔵に体液を飲み込んでいくキュアソードは、どんどんといやらしい気持ちになっていった。

「んふふふッ、もうすっかり全身が侵されちゃったみたいだねッ。乳首とクリ●リスはびんびんに勃ちすぎて伸び勃ってるし、お尻の穴がぴくぴく動いてるし、オマ●コがひくひく震えて大洪水になってるし、お顔はどうしようもなく緩んじゃってひどいアヘッた顔になってるよッ」

 極細触手に3点攻めされ続けているキュアソードは、ワムワムジコチューの体液のせいで、通常よりも何百倍という感度で感じていた。
 ただでさえ凶悪な快楽を与えてくる極細触手が、更に極悪な勢いで快楽を倍加させてくる。
 もう人が耐えられる快楽の限度をとうに超えてしまっている。
 キュアソードは背をのけ反らせ、びくんびくんと大きく痙攣を起こしている。
 目はとろんとろんにとろけて今にも白目を剥きそうな勢いである。
 口からはだらしなく、止めどなくよだれを垂らしている。
 オマ●コはてらてらに濡れ光り、膣口からは女恥汁が恥ずかしげもなく溢れ流れている。

「あ、そうだ。言うの忘れてたけど、ワムワムちゃんの体液には利尿作用もあるんだよ」

“しゃああああぁぁぁッ”

 レジーナがそう言うや否や、キュアソードの尿口から黄金色の女尿が放出された。
 それを見たダメブタジコチューはすかさずキュアソードの真下に移動し、口枷の穴あきボール越しに女尿を飲み込んでいく。

「あらあら、ダメブタちゃんったらはしたない。でもソードちゃんの方がダメブタちゃんの百億万倍はしたないわねッ」

 キュアソードは目だけを動かし、レジーナを睨んだ。
 アヘッて緩みきったキュアソードではあるが、まだ抵抗する気力は微小ながら残っていた。
 快楽地獄に堕ちかけているキュアソード、だがその目はまだ死んでいない。

「ふーん、頑張るねソードちゃん。でも頑張れば頑張るほど、もっとつらくて気持ちいい目にあうだけだよ?」

 キュアソードが咥え込んでいる触手から、極細の触手が無数に生える。
 そして極細の触手いっぽんいっぽんが、キュアソードの口内を触り、揉み上げ、擦り上げ、愛撫する。
 舌が、肉壁が、歯が、歯茎が、喉ち●こが、無数の極細触手によって蹂躙されていく。

“ぶしゃあッ、しゃああじゃばばばああぁぁぁッ”

 あまりの凶悪快楽に、キュアソードは潮を噴き出し、ビュッビュッとおしっこを出し飛ばした。
 手足含めて20本の指しかない人間には決して出来ない愛撫に、キュアソードは脳をとかされていく。

「気持ちいいでしょう、ソードちゃん。でもね、これはまだまだ序の口なんだよ? ワムワムちゃんの凄いところ、もっともっと見せてあげちゃうッ」

 レジーナの声に反応するように、ワムワムジコチューは口に入り込んでいる極太触手を更に奥へと突っ込む。
 そして無数に生えている極細触手は更に数を増やし、そして伸びていく。
 極細触手は喉を通り、食道にもまとわりついて蹂躙する。キュアソードは喉と胸のあたりが、むずむずして、くすぐったくて、ひどく心地よかった。いやらしくて気持ちがよかった。

「んふふふッ、おっぱいとかオマ●コだけじゃなくて、ソードちゃんの内臓も気持ちよく犯してあげるッ」

 喉を通り、胸のあたりを過ぎ去り、そして胃にまで到達する。
 極細触手は胃液に溶かされることもなく、胃の内側の胃壁を蹂躙する。
 胃をくすぐられて愛撫されるという体験に、キュアソードは気を狂わせていく。

「まだまだ、どんどん先までいってあげちゃうッ」

 極細触手は胃を通過し、十二指腸に到達する。
 腸内の腸壁も極細触手は蹂躙していく。

「あ、そうだ。どうせなら下からもいってあげちゃうッ」

 ワムワムジコチューはもう一本の極太触手をキュアソードに寄せる。
 そして、キュアソードの無垢で可憐なア●ルに近づく。

「ソードちゃん、特別にすっごくふっといの、お尻にあげちゃうッ」

 ワムワムジコチューは極太触手でア●ルを突き押し、ぐいぐいと押し拡げていく。
 しかし、すでに多彩な攻めで快楽を与えられ続けたキュアソードは、ア●ルからとろりとした粘液を分泌していた。
 ア●ルにまとわりついている恥ずかしい粘液。この恥粘液がア●ルの拡張を促しまくる。

“ずりゅぶりゅるるるぅ”

「んぅおおぉぅぅぅぎゅにゅぐぐぐぅぅうおぅふぅッ!」

 極太の触手が物凄い勢いで、ア●ルからいっきにキュアソードの中へと入っていった。
 無垢で可憐なア●ルは極太触手のせいで限界以上にまで拡げられてしまい、握り拳なら簡単に飲み込んでしまいそうなほどに拡がっている。

「すっごぉぉぉい、ソードちゃんってば、下腹がぷっくり膨らんじゃってるよッ」

 あまりに太い触手を入れられたせいで、キュアソードの下腹はぽっこりと膨らんでいた。そしてその膨らみは、にゅるにゅぐとうごめいている。
 ア●ルと直腸を犯している極太触手は、無数の極細触手を生やしていく。
 そして極細触手はキュアソードの肉壁を蹂躙していく。
 ア●ル、直腸内を細かい動きで蹂躙され、むずむずとした容赦ない快楽がキュアソードを襲う。
 キュアソードが身を震わせて快楽に犯されている間にも、極細触手はア●ル付近で大増殖を繰り返し、腸の奥へ奥へと突き進んでいく。
 腸内の腸壁を蹂躙しつつ、極細触手は伸び進む。
 そして口にいる極太触手から伸びた極細触手もどんどんと進んでいく。
 下からの触手は小腸を、上からの触手は大腸を、それぞれ進みながら蹂躙していく。
 そして遂に、上からの触手と下からの触手は出会いを果たした。この瞬間、キュアソードはすべての消化器官を触手に蹂躙されてしまった。
 キュアソードは口とア●ルを限界以上にまで拡げられ、内臓をひどく気持ちよく、いやらしく蹂躙されている。
 エッチの経験が皆無であるキュアソードにとって、あまりにもひどい仕打ちである。
 そんな仕打ちを受けて、キュアソードはこれ以上ないほどにアヘッた顔をして、ぼたぼたと涙とよだれと鼻水を垂らし、オマ●コからは大量の女恥汁を、ア●ルからは恥粘液を垂れ流している。
 そして、キュアソードの目からは完全に光が失せ、もうどこも見てはいない。
 がくがくと身を震わせながら、完全に脱力してしまった。

「んふふふッ、ソードちゃんも堕ちちゃったッ。でも最後の仕上げがまだなんだよッ」

 もう何も聞こえていないであろうキュアソードにレジーナは身を寄せて、わざとらしく声をかける。

「あ、ソードちゃん、心配しなくても、ちゃぁんと仕上げの全身攻めしてあげるからねッ。最強で最凶の蹂躙愛撫をソードちゃんにしてあげちゃうッ」

 ワムワムジコチューは極細触手を大増殖させて、キュアソードの全身を極細触手で覆い尽くした。
 そしてキュアソードの全身を蹂躙する。手も足も、腹も胸も尻も、全身という全身を触手が触り犯していく。
 頭は地肌にまでまとわりついて蹂躙し、眼球も、鼻の中も、耳の中も蹂躙し、毛穴の中にまで入り込んで蹂躙する。
 大量の触手にまみれたキュアソードは、もはや誰が触手に蹂躙されているのかわからないほどのひどい有り様である。
 キュアソードは物言わず、何も見ず、何も聞かない、駄肉人形と化した。

「さてと、あとはマナだけだよ」

 レジーナに“マナ”と名前で呼ばれて、キュアハートは驚いた顔をする。

「どうして? どうしてあたしは名前なの? ハートちゃんって呼ばないの?」

「んふふふッ、レジーナちゃん、マナのことがすっごぉぉぉくお気に入りなのッ!」

 今だに3点攻めが続いているキュアハートは、息を荒くしながら不思議そうにレジーナを見つめている。
 そんなキュアハートの顎を人差し指で上げ、レジーナは目を細めて笑った。

「マナってぇ、とっても元気でぇ、明るくてぇ、優しくてぇ、すっごぉぉぉくいい子だよねッ。レジーナちゃん、そういう子を見るとね、おもいっきり壊したくなっちゃうッ! マナみたいな子は、他の3人なんかとは比べものにならないくらいに、ギットンギットンのぐっちゃんぐっちゃんに壊しちゃうからねッ! あー、楽しみッ! すっごく楽しみッ! マナを壊すの楽しみッ! マナ、だぁぁぁぁぁい好きぃッ!」

 長い時間3点攻めをされ続けて、よだれまみれになっているマナの唇に、レジーナはチュッと可愛いキスをした。

「あのね、マナには特別に、普通のエッチをしてあげちゃうッ」

 レジーナがそう言うと、ワムワムジコチューはキュアハートの乳首とクリ●リスにまとわりついている触手を離した。
 長い時間3点攻めを受け続けた乳首とクリ●リスは、完全に勃起して伸び勃っている。
 やっと凶悪3点攻めから解放され、マナはとろけた目をしながらホッと息をついた。

“ずぞぞぞぞぞッ、ぐにゅるにゅぐりゅ”

 無数の極細触手が集まり、太い触手の先でうごめいている。そして平たい板状にまとまり、5本の棒状の塊が伸びる。
 その姿は、まるで人間の手のようであった。太触手の腕と、極細触手が集まってできた手。
 とても触手だとは思えないほどに精度の高い、どう見ても本物としか思えない手が現れた。

「んふふふッ、普通のエッチでたっぷりと気持ちよくなってね、マナ」

 2本の触手の手はキュアハートの乳房に優しく触れ、包むように手の平で揉み上げられる。
 やわらかく円を描くように乳房を愛撫され、優しい気持ちよさにキュアハートの心が暖かくされる。

「んっ、やだぁ……これって……いいかも……」

 ぽそっとつぶやくキュアハートに、もう1本触手の手が寄っていく。
 そして手は、キュアハートの開脚されているオマ●コに覆い被さり、指で繊細に膣口を撫でる。
 膣口の周囲にあるびらびらや、ぷっくりとした丘状の肉丘も、滑らかに優しく愛撫する。

「んぁぅッん、それはぁ……いやぁぁぁん、気持ちいいかもだよぉ……」

 キュアハートは耐えるように目を細めて、甘く優しい快楽に身を委ねている。
 そして更に触手の手が追加されて、勃起して伸びきっているクリ●リスに触手の指が近づく。
 触手の手はぬめぬめに濡れているクリ●リスを優しくつまみ、にゅぷにゅぷと上下にしごき上げる。

「はああぁぁあぅッ! す、すごいよぉ! な、なんだか、うっとりしちゃうよぉッ」

 キュアハートは目をとろけさせて、嬉しそうに微笑んでいる。
 そして美麗で可愛らしいア●ルがひくひくと震えている。

「あらあら、マナったら。お尻の穴ちゃんが仲間外れにされて寂しいって言ってるよぉッ」

 新しく触手の手がキュアハートに近づき、中指でそっとア●ルに触れる。
 すでにぬっとりとした恥粘液でぬらぬらになっているア●ルは、とても滑らかに艶めいている。
 そんな淫靡なア●ルを、触手の手は中指でくすぐるように撫でまわす。
 円を描いて撫でまわしたり、グッとア●ルを押し込んでみたり、ア●ルの皺をなぞってみたり、キュアハートのア●ルを優しく愛撫する。

「ひぅッ! やああぁぁぁん、そこいやだよぉッ。汚いもんッ……でもぉ……嫌いじゃないかもだよぉ……」

 ほっこりと感じているキュアハートを見下ろしながら、レジーナはジコチューにとり憑かれた鏡を出した。
 そして鏡をキュアハートの目の前に寄せる。

「ほらほら! 見て見て! マナったらいい顔してるよッ! 普通にエッチされて、とっても気持ちよくなっちゃってるよッ!」

 無邪気にはしゃぐレジーナは、急に声のトーンを落とす。

「どう? マナ……普通にされるエッチって、実は気持ちいいでしょ? すっごく嬉しい気持ちになるでしょ? でもね、エッチのお相手はワムワムちゃんなんだよ? どう? はじめてのエッチの相手がこんなに醜い化け物だなんて、人間として最低だよね? 最底辺だよね?」

 キュアハートはレジーナの言葉を聞いて、背筋を凍らせた。
 ショックを受けているキュアハートを見て、レジーナは嬉しそうに微笑み、キュアハートの髪の毛を乱暴に掴む。
 そしてぐぃぃとキュアハートの顔を上に向けさせて、ワムワムジコチューの巨体を見せつける。

「ほぉら、こんな化け物とエッチしてるんだよ? マナは普通にエッチされて、本当に気持ちいいって思ったでしょ? こんな化け物とエッチして本当に幸せ? はじめての相手がこんな化け物で、本当に嬉しいの? こぉぉぉんなにマン汁垂らして、だらしなぁぁぁくよだれ垂らしちゃって、涙も鼻水も垂らしちゃって、お尻の穴から粘液溢れさせちゃって、マナってば見かけによらず、どうしようもない変態ちゃんでビッチちゃんなんだね。さすがは愛に満ちた優等生ちゃん、相手が化け物でも本気で愛せちゃうんだねッ」

“ズキィッ!”

 キュアハートは胸に激痛が走るほどに心を痛めた。
 息が止まって呼吸困難になるほどに、キュアハートの心は深く傷ついた。

“ぱぁぁぁんッ”

 突然、キュアハートは頬に痛みを感じた。
 レジーナは意地悪く笑みながら、キュアハートの頬を打ち叩いた。

「マナ、これくらいのことで堕ちたりしないでよねッ。マナにはもっともっとたくさん、楽しくてドぎつい思いをしてもらうんだからッ」

 頬を叩かれたキュアハートは、きつくレジーナを睨んだ。そしてくやしそうに歯を食い縛る。
 一時的にせよ化け物相手に感じてしまったこと、しかも仲間を壊した化け物に本気でうっとりしてしまったこと、それがどうしようもなくくやしかった。そして自分が許せなかった。

「んふふふッ、いい目ね、マナ。その調子で頑張ってよね。ちゃんと正気を保っててくれなきゃ嫌だよ。じゃないとおもしろくないもーん」

 レジーナはパチンと指をならす。その音に反応したワムワムジコチューは、4人のプリキュアを横並びにする。
 腕を上げさせられて大開脚した格好のまま、4人のプリキュアはレジーナの目の前で並ばさせられた。


(つづく)

目次はコチラ

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahupoko.blog62.fc2.com/tb.php/204-deb05fca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。