FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
reji-na.jpg

「ねぇ、つまんなぁい。ここにいるの、もう飽き飽きなんだけどぉ」

 ソファの上でふんぞり返り、足をパタパタとさせているレジーナ。

「左様でございますか、レジーナ様……では、我らと最高に楽しい遊びをいたしましょうか」

 ベールの提案を聞いて、レジーナは目を輝かせてピョコンと飛び上がった。

「え? なになに? なにそれ? 楽しい遊びってなぁに? それやろうよ、それ!」

「そうですか……イーラ、レジーナ様から直々にお許しがでた。お言葉に甘えて、存分に楽しませていただくとしよう」

 ベールはサングラスを下げてレジーナを見つめる。そしてベールの目が赤色に光ると、レジーナは金縛りにあったように身体が動かせなくなった。

「ちょ、ちょっとぉ! なによこれぇ! 全然動けないじゃない!」

 レジーナの身動きがとれなくなったのを確認すると、イーラはあざけ笑いながら、ゆっくりとレジーナに近づいていく。

「では、はじめましょうかレジーナ様。最高に楽しい、淫靡で甘美で官能的な、どうしようもなくスケベでいやらしく汚らわしい、下品な快楽にまみれたギットンギットンな遊びを」

 ベールの言葉を待っていたかのように、イーラは歪んだ笑みを浮かべながらレジーナに身を寄せる。

「ひはははッ、キングジコチュー様の娘のココは、どんだけうめえのか、じっくり味わってやるよ」

 そう言ってイーラは無造作にレジーナのスカートに手を突っ込み、乱暴にパンツをずり下ろした。

「ひゃうッ! な、なにすんのよ! このエロガキぃ!」

 怒りをあらわにしながら睨みつけてくるレジーナを見て、イーラは笑い上げた。
 そして人差し指でくるくるとパンツをまわしている。

「キングジコチュー様の娘って言っても、どうしようもなくガキ臭せえパンツ履いてやがんなあ。もうちっと色気のあるパンツ履いとけよな」

 イーラは、まるで汚いものに触れているかのように、人差し指と親指でパンツをつまみ上げる。そしてパンツをくんくんと嗅いでみせた。

「やッ、やめなさいよ! やめてよぉ! この変態クソガキぃ!」

 くんくんとパンツを嗅いでいるイーラはケッと言って、パンツをレジーナの前に投げ捨てた。

「んだよ、キングジコチュー様の娘なくせに、ガキっぽいションベン臭せえ匂いしかしねぇや。正直がっかりだぜ、レジーナ様よぉ」

「そう言うな、イーラよ。今はションベン臭いガキであっても、我々の手で素晴らしい大人のレディにして差し上げようではないか」
 ベールは指をパチンと鳴らすと、ストンとズボンとパンツが落ちた。そして凶悪なサイズの巨根があらわとなる。

「さあレジーナ様。まずは大人への第一歩、フェラ●オをしていただきましょうか」

 ベールはレジーナの美しい金髪を無造作に掴み上げ、レジ―ナの顔を無理やり巨根の目の前にまで振り回す。
 そしてレジーナの愛らしい小さなお口に、乱暴に巨根をねじ込んだ。

「んぉぅッ! んううぅッ! むぐぅぅううみゅうッ!」

 レジーナの口はベールの巨根でいっぱいいっぱいになる。レジーナは顔を苦しそうに歪ませ、口角からだらりとよだれを垂らしている。

「イーラ、はやくレジーナ様の子供マ●コを舐めて差し上げろ。レジーナ様にも気持ちよくなっていただかないと、勝気なレジーナ様のことだ、俺のビッグジコチューを喰いちぎってしまい兼ねん」

「ケッ、別におっさんの粗チンがどうなろうと知ったこっちゃねぇけどな」

 イーラはレジーナの背後にまわり、丸みを帯びた可愛らしいお尻をがっしりと掴んだ。そして丸見えになっているレジーナのオマ●コに舌を這わせた。

「ひぅんッ! んうぅぅん、んひゅぅぅうんッ」

 イーラの舌はレジーナの割れ目を優しく、丁寧に、しかし乱暴に、雑に、べろべろと舐め上げていく。
 するとレジーナの割れ目の奥から、透き通った恥ずかしいお汁がとろりと溢れ出てきた。

「おいおい、この子供マ●コ、生意気にも感じてやがんぜ。甘じょっぱい駄汁だしやがってよぉ」

 レジーナは少女特有の甘ったるいフェロモンに満ちた、子供な精汁を垂れ流していた。
 そんな恥汁を、イーラはじゅごじゅぶと音をたてて吸い上げる。

「んぉふうぅぅんッ! ひゅみゅあにゅううぅんッ」

 レジーナは切なくも甘い悲鳴を上げた。それを聞いたイーラは不敵に笑い、レジーナのオマ●コをぱっくりと開いた。
 無理やりに開かれたオマ●コは、まるでツボミをこじ開けられた華のように、青っぽさを感じさせる若すぎるオマ●コであった。
 イーラはまだ未熟なオマ●コに容赦なく舌を這わせ、膣口と尿口、そして小さくもぷっくりと膨らんでしまっているクリ●リスを、めちゃくちゃに舐め上げる。

「ぉふぅううううぅぁぁぁうううんッ!」

 無茶な快楽がレジーナを襲う。
 イーラの舌使いは絶妙で、痛いが痛すぎず、優しいが弱すぎず、丁寧なようで粗雑で、そしてわざとらしく水音をたてて恥ずかしさを煽ったりと、大人でも気が触れそうな快楽をレジーナに与え続ける。

「レジーナ様、口がお留守ですですな。イーラに極上の悦楽を与えてもらいながら、何もしない気ですか? ちゃあんとご奉仕していただかないと」

 レジーナはベールを睨みつけた。しかし、オマ●コがあまりにも気持ちがいいレジーナは、ベールを厳しく睨みながらも、てろんと舌を動かした。

「ほほう、目は怒りと恨みで満ちているのに、口は卑しく、いやらしく、俺のビッグジコチューを舐めまわしてらっしゃる。どうやら頭では嫌がっていますが、身体はスケベでどうしょうもないビッチなようですなあ」

 レジーナはくやしい気持ちが溢れ返り、目に涙を溜めている。
 汚い、気持ち悪い、変な味、変な臭い……口にチ●コを突っ込まれて、心の中は嫌悪の気持ちでいっっぱいになっている。
 しかしなぜだろうか、口の中にあるチ●コが不思議と嫌ではなかった。それどころか舌を這わせたくなってしまう。
 認めたくないが、レジーナはチ●コを愛おしく想っていた。

「さてとレジーナ様、そろそろご一緒にイキましょうか。イーラ、もうフィニッシュにしていいぞ」

「ほいよ、イかせりゃいいんだろ、このドえろいガキマ●コをよぉ」

 イーラは膣口に舌を挿れ込み、入口付近の膣壁を舌で舐めまわす。
 自分の中を刺激されて、レジーナは息が止まりそうになる。甘すぎて危なすぎる快感がレジーナの全身を駆け巡った。
 その瞬間、レジーナは口の中にある巨根を、素早く、ねっとりと、舌全体をつかって舐め撫でた。

「ぐぅッ、やりますなあレジーナ様。俺のビッグジコチューが気持ちよくて震えていますぞ」

 ピクピクンと打ち震えるベールの巨根は、もう限界が近づいていた。そしてそれは、レジーナも一緒であった。

「さあ! 一滴残らず飲み干していただきましょうか!」

“ビュグッ! びゅりゅるりゅりゅりゅりゅりゅぅぅぅッ!”

 大量すぎる白濁した精子汁が、レジーナの口の中に放たれた。
 精子汁はレジーナの舌と口壁にまとわりつきながらも、喉の奥にズビュルッとぶち当たり、そのままレジーナの喉を通って胃へと垂れ落ちていく。

「んぐひゅッう! ぐぶぅうッ! ひゅぐうううぁぁぁうあああんッ!」

 むせ返るような精飲をさせられながら、レジーナはオマ●ンをひと際大きく震わせた。
 レジーナはビクンビクンと全身を痙攣させている。そして目玉がぐりゅんとまわって白目を剥いてしまいそうになるくらいに強烈なエクスタシーが、レジーナに襲いかかった。
 快楽に晒され続けながら絶頂を迎えたレジーナは、魂が抜けたかのような開放感に包まれていた。
 そんな終ってしまったレジーナに追い討ちをかけるように、イーラはしつこくオマ●コを舐め続ける。

「ぐふぅおッ! マジかよこいつ!」

 レジーナのだらしない尿口から、薄い黄金色のおしっこが噴き出した。
 口の中に放尿されたイーラは、慌ててレジーナのオマ●コから口を離した。
 するとレジーナのおしっこはイーラに向かって放たれてしまい、イーラは頭からレジーナのおしっこを丸被りした。
 イーラは顔に生温いぬくもりを感じながら、幼い少女特有の子供っぽい甘じょっぱい匂いを感じ取った。

「おいおいお嬢様よぉ、マ●コのしつけがなってねぇなぁ。おかげさまで全身しょんべんまみれだぜ、まったくよぉ」

 イーラの声が聞こえていないのか、レジーナは絶頂の余韻に浸りながら、肩を揺らして荒くなった息を整えている。

「……ひゅうう……はみゅうう……ふひゅうううん……」

 イってしまったレジーナはぐったりとして、全身から力が抜けてしまっていた。
 だらしなくなってしまった口から、ベールは巨根を抜き出す。
 ほとんどの精子汁を飲み込んだレジーナは、口角にたらりと精子汁を垂らしがら、どこも見ていない目でぼんやりと宙を見つめている。

「さあさあレジーナ様、呆けてる場合じゃないですよ? 舐められたら舐め返す、それが礼儀というものですよ、レジーナ様」

 ベールはレジーナの髪を掴み、レジーナの頭を乱暴に振り回した。
 そしていつの間に脱いだのか、ズボンとパンツを脱ぎ棄ててスタンバイしていたイーラ。
 ベールはイーラの股間を目掛けて、レジーナの頭を寄せた。
 レジーナは目を虚ろにし、ぼんやりとした顔をしながら、目の前にあるイーラのチ●コを口に含んだ。
 そして舌全体を使って、イーラのチ●コを優しく刺激的に愛撫する。

「クックックッ、その意気ですよ、レジーナ様。もうすっかり頭の中までビッチに成り果てましたな」

 ベールはレジーナの背後にまわり、突き出された小柄で可愛らしいお尻に巨根をあてがう。

「おッ! 遂にロストかよ! はじめてがベールの粗悪なデカチ●コだなんてよぉ、キングジコチュー様の娘が壊れちまうぜ?」

「粗悪なのは貴様のチ●コだろうが。俺のビッグジコチューで立派なメス犬レディにして差し上げますよ、レジーナ様」

 ぐちゃぐちゃになったレジーナのだらしないオマ●コに、ベールのいきり勃った巨根が押し付けられる。

「さあ! レッツ大人!」

 そして躊躇することなく、ベールは一気に巨根でレジーナを貫いた。

「ひぎぃッ! ひああぁぁぅッ! やにゃぁぁゃにゅぅぁぁあんッ!」

 奇妙な声で痛甘い悲鳴を上げるレジーナ。
 レジーナのオマ●コのサイズでは、とてもではないが受け止められないほどにドデカいベールの巨根ではあったが、驚くほどにすんなりとレジーナの中に挿ってしまった。
 膣口は巨根に限界以上まで拡げられ、膣口の端っこから幾本かの赤いスジが流れていた。

「おおおッ! これは素晴らしいオマ●コですな! 超絶に狭くて小さいのですが、すっぽりとペ●スを包み込んで離しませんな。ほどよい温もり、柔らかさ、それでいて刺激的な締めつけ。ぬるぬるで、ざらざらがあって、つるんとしていて、さすがはキングジコチュー様の娘ですな、類まれなる名器の持ち主でいらっしゃる」

 冷笑しながらも興奮した様子で容赦なく腰を撃ちつけるベール。
 あまりに激しい撃ちつけで、レジーナのお尻からズバンズパンと打肉音が響く。そしてお尻は真っ赤に腫れ上がっていく。

「ひぐぅッ! ひゃぐぐぅッ! んぐぅッ! みゃにゅああぁぁぅううんッ!」

 イーラのチ●コを口に含みながら、苦しそうに甘い悲鳴を上げ続けるレジーナ。
 舌を懸命に動かして、イーラに甘い快感を与えている。

「ケケケッ、こいつ口もいっぱしだぜぇ。こんなに一生懸命にチ●コしゃぶる欲しがり女、他にいねぇぜ」

 イーラは身を宙に浮かせて、中腰になっていたレジーナの身体を起こす。
 後背位でセッ●スしていたベールは、レジーナが起き上がったことで、逆駅弁の体勢になる。
 ふくらはぎをつかまれて大股開きにされて、ベールとレジーナが繋がっている結合部分が丸見えになっている。
 レジーナは男らしい逆駅弁でセッ●スされながら、容赦なくフェラ●オをさせられている。

“じゅぶんッ、ぶじゅんッ、じゅぼじゅッ、ぐじゅじょッ”

 くっぱりと大開きにされたレジーナのオマ●コはベールに容赦なく突き貫かれ、膣口の端から恥汁が吹き飛び散っている。

“じゅぼッ、ぐぼッ、ぶじょッ、ぶごぉッ”

 ぱっくんとイーラのチ●コを咥え込んでいるレジーナは喉奥まで容赦なく挿れ込まれ、口角からよだれを飛び散らせている。

「おい、イーラ」

「おうよ、ベール」

 ベールはこれまでになく激しく腰を振り、レジーナをオマ●コを撃ち貫く。
 イーラは自ら腰を振り、まるでセッ●スをしているかのようにレジーナの口を撃ち貫く。
 そして、イーラ、ベール、レジーナ、3人はどんどんと高まっていった。

「レジーナ様、そろそろフィナーレです。有終の美を飾るべく、上の口と下の口、同時に射精して差し上げますよ」

“ずばぁん、ずぱぁん、じゅばわぁん、じゅぷん、じゅぼッ、ぐちゅんッ、じゅぶりゅるッ”

 激しいラストスパートが展開される。
 レジーナはオマ●コが燃やされているのかと思うほどの熱っぽさを感じながら、火傷しそうと錯覚するくらいに熱くたぎるチ●コを口いっぱいに感じていた。

「おらぁッ! 全部飲めよぉ! 一滴でもこぼしたら、今度は鼻ん中に射精しちまうからな!」

「さあ、レジーナ様、中に出しますぞ! ロストバージンなセッ●スでたっぷり中出し! この一撃で孕むように、尋常じゃない量の精子汁を、膣の奥底の子宮の最奥にいる、レジーナ様の卵に直接ぶっかけてやりましょうぞ!」

“ビュグりゅるッ! びゅりゅるりゅぶぐりゅぶるりゅりゅびゅぐぉりゅりゅぅぅぅッ!”

「ひゃにゅりゃらみゅにゃらりゅるにゃああぁぅぅうあああぅあんッ!」

 もはや奇声とも言えるレジーナの絶頂な叫び。
 大量すぎる精子汁を口とオマ●コに放出されながら、レジーナは絶頂を迎えてしまった。
 もう何も感じられなかった。頭の中は精子汁よりも真っ白である。
 とにもかくにも強烈すぎる快楽に襲われすぎて、レジーナの脳は思考停止し、五感を封じてしまった。
 何も見えない、何も聞こえない、何も感じない……

「おい、クソビッチお嬢様よぉ、さっきのお返しだぜ」

 イーラはひとしきり射精すると、だらしないレジーナの口からチ●コを強引に引き抜き、そしてレジーナの顔におしっこをぶっかけた。
 レジーナは全身おしっこまみれにされ、口とオマ●コは精子汁だらけになっている。
 レジーナのオマ●コからは、ゴボゴボンと受け止めきれなかった精子汁が溢れ吹き出てきた。

「………………」

 レジーナはもの言わなくなっていた。
 もう何も見ていない、何も聞いていない、何もできない。

「ほおら、やっぱり壊れちまったぜ、こいつ。どうすんだよ、ベール」

「なあに、ちょっとばかり刺激が強かっただけだ。壊れてしまったわけではない」

 ベールはサングラスを下げて、再びレジーナを見つめた。赤色に光る目で見つめられ、レジーナはハッとする。

「……あなたたち、とんでもないことしてくれたわね……なんてことしてくれてんのよ……」

「レジーナ様、我々も文字通りの自己中なものでして。特に性欲に関しては誠実で忠実なのですよ」

「……こんなことして、絶対にパパにいいつけてやるんだからね……」

「それは困りましたなあ。キングジコチュー様に知られたら、我々はこの世にいられなくなりますよ」

 ぐったりと床に突っ伏しているレジーナに、ベールは手を伸ばす。

「ですので、あなたの記憶は預からせていただきますよ。レジーナ様」

 ベールが引っ張り出す動作をすると、レジーナの額から小さな黒いハートが飛び出した。

「我々と過ごした、たのしいたのしい甘美で淫靡な時間は、私が大切に保管しておきますよ」

 ベールは小さななハートを優しく掴み、懐に仕舞った。

――次の日

「ねぇ、つまんなぁい。なにか面白いことしようよぉ」

「面白いことですか? ……なら、とても面白い遊びがありますよ」

「え? なになに? なにそれ? とっても面白い遊びってなぁに? それやろうよ、それ!」

 ベールはサングラスを下げ、にたりと笑った。


(おわり)

※この小説の内容で同人誌を作ります! 詳細は別日に!

目次はコチラ

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://mahupoko.blog62.fc2.com/tb.php/194-c635c22e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。