FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 二人は抱き合いながら、全身を震わせて絶頂に耐えた。凶暴な快楽が全身を駆け巡り、脳をとろけさせる。妖艶で卑猥で下品な快楽は、二人を甘く包み上げる。
「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」
 肩で息をする二人は、不意に訪れた空虚な時に浸っていた。凶悪な快楽が一瞬で消え去り、心地よいだるさが二人を包む。
 マリは顔を上げ、シンジを見つめた。そしてシンジも、マリを見つ返す。互いに目を合わせながら、頷き合った。そして、マリは身体を起こした。再び騎乗位の格好になる。二人は手を組み合い、マリは膝を立ててシンジに乗っかっている。熱い視線を絡ませながら、二人は言った。
「まだ終わりじゃない!!」
“ずばんッ! じゅぶんッ! じゅぱんッ! びちゅんッ! ずびゅんッ! ばちゅッ! びじゅじゅんッ!”
 マリは全身を使って腰を打ちおろし、シンジは全力で腰を突き上げる。息の合った二人のピストンは、互いの性器をぶち当て合い、肉音と水音を響かせ、周囲に堕汁を飛び散らせる。
 マリのおっぱいが、縦横無尽に揺れ動く。左右の乳房は、時にはバシンと打ち合い、時には胸下にぶち当たり、時には左右に広がり、時には上下に広がる。ピンと勃起した乳首は、鮮やかな色で輝いていた。程よい大きさの乳輪が、乳首を美しさを際立たせる。そんなおっぱいを、マリは自分でめちゃくちゃに揉み上げる。シンジも腕を伸ばして掴み上げる。少しすると、二人はおっぱいから手を離し、再び手を繋ぎ合う。そしてまた少しすると、二人はおっぱいを蹂躙する。
 今までにない速さ、激しさ、力強さ、凶暴さで、二人は性器を打ち合う。目を見開きならが、口を歪ませながら、下卑た笑みを浮かべながら、二人はセックスを楽しみ合う。声とは言えないようなめちゃくちゃな発音の声で叫び合う二人。手を握り合いながら、全身を揺り動かして暴れ、よだれを垂らし、撒き散らす。興奮しきった二人は、心の内にある情欲を爆発させている。
 二人はもう何も考えられない。ただひたすらに相手を求め、性器を振り出す。
「うがあぁぁぁあああぁぁぁあああぁぁぁッッッ!!!」
 ひときわ大きな叫びを上げ、二人は全身を揺り動かす。マリとシンジの目が、赤い光を帯びていく。獣のように咆哮し、唸りを上げる。その姿はまるで、野獣の歓喜に満ちた交尾、原始のセックスであった。
 いつまでも続く精なる肉躍り。身体中の筋肉が悲鳴を上げてても、腰の動きは止まらない。性器を打ち合う性行為は、二人の本能が止めることを許さない。
 永遠に続く――そう思われた二人のセックス。それは突然終わりを迎える。
「くわぁがあぁぁぁぁぁぁぁああああああッッッッッッ!!!!!!」
 二人が上げる断末魔の叫び。シンジはありったけの精をマリに放ち、マリはそれを全て受け止める。険しい二人の顔から、激しさが消えていく。マリは力尽き、シンジに向かって倒れ込んだ。シンジはマリを受け止める力が無く、ばたんと胸板にマリが落ちる。二人はぐったりと横たわり、全身を使って息をする。
 マリの秘華の周辺には多量の堕汁が付着し、シンジの腹は飛び散ったマリの淫汁とシンジの白濁汁でべっしょりに濡れている。更にシンジ達が横たわっている床は、二人の放った堕汁で大きな水たまりが出来ている。辺りには淫靡で卑猥な香りが立ち込めている。
「んんッ」
 マリは身体を横たえたまま、腰だけを上げて秘華から肉棒を抜いた。すると、だらりだらり、どぷどぷと、秘華から堕汁が流れ出てきた。マリはだるそうな目で、秘華から垂れ落ちていく堕汁を眺めている。尻を突き上げて汁を垂れ流すマリを、シンジはぼんやりと見つめる。
「シンジの中でも起きたよね、サードインパクト」
 マリの問いかけにシンジは答えられなかった。答えるだけの気力が残っていない。シンジは空を眺めながら、荒くなった息を整えている。
 マリはクスッと笑み、何事もなかったように静かに立ち上がった。そして腕で、口を伝った血を拭い、手の甲で涙と血の跡を拭う。
「すごいね、人間って。まだまだ可能性を感じたよ」
 散らかった服を拾い上げ、マリは服を着る。濡れきったパンツを絞り上げ、淫水を垂らし落とす。まだ湿り気のあるパンツを穿くと、マリは卑猥な目で笑った。
「あ、お●んこから精子が出てきた。パンツがまた濡れちゃったよ」
 パンツからぽたぽたと白濁汁が垂れ落ちる。しかしマリはおかまいなしにパンツを穿き上げ、スカートを穿く。服を着終えたマリはパラシュートを乱暴にたたみ上げ、スポーツバックの中に無理やり詰め込んだ。
「じゃあね、私のファーストくん」
 マリは出口に向かって走り出し、その場を颯爽と立ち去る。その様子を、シンジは仰向けに寝転びながら眺めていた。
「空……青い……」
 シンジは呟きながら、空をぼんやりと見つめる。

(おわり)

【エヴァ破ノベル】空からやってきた雌豹なパイロット(1)~(19)はコチラ

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。