FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「きゅうあぁぁぅああッ!! ひぃゅぬゅああぅッ!!」
 クリトリスを噛み潰す。本当に潰れるほどには力を入れてはいないが、それでも歯の形が残るほどには噛んでいる。普通なら痛みで泣き叫んでもおかしくないはずだが、マリは嬉しそうに恍惚の表情を浮かべている。シンジはおもいきりクリトリスをバキュームし、口の中を真空状態にする。クリトリスは口内へ強烈に引っ張られ、引きちぎられそうな感覚に襲われる。
「ひぃん! ひゅああぁぁぅあッ!!」
 マリはシンジの頭を掴みながら、頭を振って叫び上げる。シンジは更に、吸い上げているクリトリスに舌を伸ばし、舌先でずりずりと擦り上げる。マリの腰がくの字に折れ、がくがくと身を震わせる。凶暴すぎる快楽に、マリは身体から力が失せそうになった。しかしマリはそうはさせまいと、腹に力を入れて踏ん張る。すると膣口から、びゅるぅと淫汁が飛び流れ出た。
「もったいない……それ、欲しいよ」
 シンジは流れ落ちる淫汁を見て、自らの口でマリの膣口を塞いだ。
“ぎりッ”
 クリトリスへの刺激が消えて、マリは歯をならした。険しい目でシンジをにらむ。しかしすぐに、マリは恍惚の笑みを浮かべて淫甘声を上げた。シンジは右手でマリのクリトリスをつねった。ぎゅうぎゅうぎゅううと強くつねり、ぐぐぐぎゅううとおもいきり引っ張る。
「きゃあぅあにゅぅぅ!!」
 たまらずマリは下腹部に力を込める。すると秘華から、どぶどぶ、びゅるりと、淫汁が溢れ飛び出す。シンジはそれをごくごくと飲み干しながら、じゅううと水音を立てて吸い上げる。その吸引が更なる快楽をマリに与え、秘華からはびしゅうと、淫水がしぶき飛んだ。
 もうどのくらいの量の淫汁を飲み込んだのか、シンジの腹はたぽついていた。胃が淫汁で満ちている。シンジは体外からも体内からもマリに包まれ、ひどく幸せで嬉しい気持ちになった。マリが愛しくて仕方がない。
 不意に二人の目が合う。二人の目は熱っぽく、嬉しい気持ちの詰まった視線が絡み合う。シンジはマリの腰に抱きつき、しっかりとホールドする。そして膣口を吸引しながら、膣肉を舌で上下に舐めまくる。更にクリトリスをつねり、こねくり、引っ張り、押しつぶし、ぐりぐりといじり倒す。
「―――ッッッッッ!!!」
 マリは言葉にならない咆哮を天に向かって上げる。マリの口角からはよだれが垂れ流れ、頬には涙が伝う。そしてシンジの顔にぽたぽたと垂れ落ちていく。
 びゅうううう、どぶどぶどぶ、びしゅりゅるるるッ。今までにないくらいにマリは淫汁を溢れさせ、垂れ流し、飛び散らせた。しばらくの間、淫汁は出続けた。その光景は、まるで間欠泉のようである。そして少しすると、淫汁は漏れ出なくなった。
 マリは完全に脱力し、顔を天に向けたままぐったりとしている。口からはだらりと、だらしなく舌が出ている。シンジからは見えないが、マリは白目を剥いて気絶していた。
 全く動かなくなったマリが心配になり、シンジは身体を起こしてマリを見上げる。するとマリの身体はぐらりと揺れ、バランスを失い、シンジに向かって倒れた。とっさにシンジはマリを抱きとめる。マリははぁはぁと肩で息をしながら、シンジに身体を預けている。
 覆い被さるマリの感触に、シンジは胸を高鳴らせた。やわらかい。女の子の心地よいやわらかさに、シンジは全身で幸せを感じた。可愛い、愛しい、そう素直に思えたシンジは、マリを抱きしめようと背中に両腕を伸ばす。
「フェラしてあげる」
 耳元で囁かれる。そしてシンジの性器が、やわらかな手に掴まれた。
「え? わぁッ、なに?!」
 唐突な出来事に、シンジは状況が理解できなかった。困惑するシンジを尻目に、マリは身体を起こして再びシンジに馬乗りになる。
「しゃぶってあげるって言ったの」
 ぎゅううと、性器を握り締められた。シンジの顔が苦痛に歪む。
「今度はシンジをよくしてあげる番だね」
 マリの申し出は、男として嬉しい展開。実際に、シンジは女の子から誘われるシーンをオカズに自慰したことは何度もあった。
 嬉しい、嬉しいはずなのに、シンジは恐怖に身を震わせていた。限界を超えた射精コントロール、常人離れしたマリの絶頂、容赦のないマリの攻め、それらを体験にしたシンジは、嬉しい期待よりも言い知れぬ不安を感じていた。それだけマリの与える快楽は凶暴で、危険で、凶悪である。
「ころ……される?」
 つい口から出てしまった言葉、それはシンジの本音であった。それを聞いたマリは、甘い笑顔を向けて答える。
「ふふッ、殺しちゃうかも」
 マリは肉棒を口に寄せ、ふぅッと火照った息を吹きかけた。
「うあッ」
 肉棒がぴくんと揺れる。こそばゆい快楽にシンジの性器が反応する。そんな光景を目にし、マリは肉棒を頭から咥えた。
「くぅッ」
 亀頭がすっぽりとマリの口の中に入る。口内の温かなぬくもりが、亀頭に伝わる。肉棒に感じるぬくもりは全身にまで伝わり、シンジは心地よさに包まれる。
「うわぁぁぁッ!」
 突然、シンジは叫びを上げた。腰をくの字に曲げて身体を震わせた。マリは唇で、肉棒の根元をぎゅうぎゅうに締め上げていた。そして同時に、マリは舌を亀頭の先端にあてがい、すごい速さで舐め擦った。
 唇で絞られる痛み、舌で擦り上げられる快感、その相反する感覚を同時に感じさせられる。更に肉棒の根元が絞められているせいで、先走り汁は放出されずにいた。行き場を失った先走り汁は逆流してしまう。シンジはパニックに陥る。
「うああッ! い、痛い! なんか苦しいよ。 すごく変だよ! や、やめてよ、マリ!」
「おかしいなあ、シンジのお●んちんは気持ちいいって言ってるよ。さっきからたくさんの先走り汁が私の唇にせき止められて、元に戻っていってる」
 マリの言葉にシンジは青ざめた。マリは性器に起こっている異常事態に気がついていながら、それは気持ちいいことだと言い放った。こんな無茶がずっと続く? このままマリに攻め続けられたら、確実に壊されてしまう……危険な予感がシンジの頭をよぎる。
 シンジは肉棒に吸いついているマリの頭を掴んだ。そして力いっぱいに、マリを引き剥がしにかかる。その刹那、マリは厳しい眼差しでシンジをにらみ上げ、シンジの腕を握り締めた。マリの指がぎりぎりとシンジの腕に食い込む。痛みに耐えかね、シンジはとっさに両手を離した。
「ぐあわぁぁぁッ!!」
 シンジが叫ぶ。マリが歯を立てて、肉棒の根元に噛みついている。
「怖くても逃げるな! 痛くても我慢する! 苦痛からも快楽からも逃げない! そうして耐え続ければ、限界は超えられるんだよ!! いい? わかった? シンジ」
 ぶんぶんと、シンジは勢いよく首を縦に振る。それはマリの言葉に同意したのではなく、とにかくマリの噛みつきから逃れたい、その一心での首振り。しかしマリはシンジの行為を見て、了承したものだと受け止めてしまう。
「聞きわけのいい子。好きだよ、そういう素直なシンジ」
 マリは唇の力を緩め、舌で亀頭を包み込む。そしてゆったりとやさしく、口で性器をしごいた。シンジの顔がほうっと安らいだ。気持ちよさそうに、頬をほんのりと赤らめる。
「ッ!!」
 シンジは苦痛に言葉を失う。再び性器に痛みが走った。性器の根元を唇が締め上げ、マリの舌がべろべろ、ずりずりと性器を舐め擦る。どんどんときつく締めていく。そしてそのまま、唇を上下動させる。きつすぎる肉棒のしごきに、先端からびゅるッ、びゅるッと先走り汁が飛び散る。

(つづく)

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。