FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「や、やぁん……いやぁ」
 甘い吐息を漏らしながら、奈美は小さく悶える。そして内股になって、もじもじと内ももを擦り合わせる。何かに耐えるような表情を浮かべる奈美は、羞恥に顔を歪ませていた。
「どうしました? そんなに色っぽいお顔をして。お股をもじもじさせるなんて、もしかして、濡れてきてしまいましたか?」
 先生はクスッと笑み、くすぐるようなソフトタッチで奈美の太ももを撫でた。
「やッ、やッ、先生、そこダメぇ、そんな触り方されたら、感じて……恥ずかしい……」
 優しくいやらしい先生の指が、徐々に上へと移動する。少しづつ、ちょっとづつ、指がゆっくりと上ってくる。
 奈美は先生の指がどこを目指しているのかに気付き、腰を大きく揺らしてもじもじする。
「やぁ、先生、ダメだよぉ、そこは触っちゃダメぇ」
「ふふッ、そんな普通にいやがって。でも、いつまで保ちますかね? 日塔さん」
 奈美はなかなか上がってこない指にじれていた。触られるのは恥ずかしいが、いつくるのか? いつ触られてしまうのか? と思いながら身構えているのに、いつまで経っても触ってこない。触られたくはないが、はやくして欲しい、そんな矛盾した気持ちに奈美はさいなまれている。嫌と言いつつも何もできず、大人しく先生に身体をまかせてしまう。
 そして遂に、指は奈美のスカートの中に入った。ホックとシッパーが外されているスカートは、腰にちょっとだけ引っかかっているだけである。先生の手がスカートに触れるのと同時に、スカートはするすると奈美の脚を滑りながら、ぱさっと床に落ちた。
「ふふッ、白のパンツですね。なんとも普通です、普通に可愛いです」
 奈美のパンツを見つめながら、先生は意地悪に言う。白いパンツ。控え目に飾られ、少しだけ面積の少ない、大人しいデザインのパンツ。普通を脱しようと少し背伸びをして買った、奈美の勝負パンツ。
「普通、ですか? ……私のパンツ」
 潤んだ目で先生を見つめながら、消え入りそうな声で言う。
「普通ですねぇ、このパンツは」
 奈美は目に涙を溜め、寂しそうに俯いた。
「でも、とても可愛いです。日塔さんにお似合いの、可愛いらしいパンツです。先生好きですよ」

(つづく)

futuu009
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。