FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眼科の受付に居た看護婦さんがすげー可愛かったので
メモらくがき。
kan

薄ピンクの制服に濃ピンクのカーディガンでハァハァ。んでメガネハァハァ。

運転免許の更新用にメガネ作ったのですー。
運転してないけどね!免許は取れたけど人間は向き不向きがあるようです。
今日はこれからメガネを取りに行くのでメガネ屋さんの隣に眼科があるので
チラッとでも拝めるといいなー。

そんで豆腐料理を出す居酒屋さんでマフマフとご飯です。
酒の席で話してる事全部出来たらホント楽しい人生になるんだけどなーといつも思う。
同人誌だけでもとりあえず3冊くらい出す予定になっていて
企画を出した段階でマフはすぐ原作をくれるので
ホントいつも私が頑張ればどうにかなるし、マフが手伝える段階まで持っていけば
2人作業になるのに、不甲斐無い相方です。ギャブ。

1か月で商業誌も含めて56枚とか描いた事もあるんですよ。
その私どこいったの!?!?
どこーどこー!
まぁ、体調が戻るまでまたーりです。
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
「カエレ先生、大変です! 日本の少子化問題が深刻です!」
「それは大変! ただちにセックスよ!」
 大きく胸の開いたぴっちりシャツと、短すぎるほどに短いスカートを履いているカエレ先生は、受験生Aクンの前で服を脱ぎだす。
「せ、先生!? いきなり何を?!」
「何してるの受験生Aクン! だたちに全裸になりなさい!」
 先生は素早く服を脱ぎ去り、全裸となった。突然の先生のヌードに、受験生Aクンは鼻血を吹きだす。
 そんな受験生Aクンを尻目に、カエレ先生は受験生Aクンの服を脱がしていく。慣れた手つきで手際よく服を剥ぎ取っていき、受験生Aクンもほどなく真っ裸となった。
「さぁ、セックスするわよ。ところで受験生Aクンは童貞?」
「え、あ、えと……そうです」
 カエレ先生はフフッと笑み、受験生Aクンを押し倒す。そしてカエレ先生は受験生Aクンをまたぐ格好となる。受験生Aクンからはカエレ先生のおま●こが丸見えで、更に鼻血を吹きだした。
 カエレ先生は素早く腰を落とし、すでにぐしゃ濡れになっているおま●こに、お●んちんをあてがう。そして亀頭を愛汁でたっぷりと濡らし、一気に腰を落とす。
〝ズプッン〟
 お●んちんは見事なまでに、カエレ先生のお●んこに食べられる。
「おめでとう、受験生Aクン! これであなたは脱、童貞よ!」
「あ、ありがとう! カエレ先生!」
「さぁ、それじゃあ受験生Aクン、少子化をストップする為に、セックスに励むわよ!」
「が、がんばります!」
 カエレ先生は激しく腰を動かした。自分の右手でシコるよりも、先生の腰の動きの方が断然に速い。
「うああぁぁ! カエレ先生! 早速、発射準備が整いました!」
「いいわ! 発射しなさい! おもいっきり膣内に発射なさい!」
 刹那、受験生Aクンはどっぷり、びゅくびゅくッと、大量の白精汁を放出した。
「ああッ! いいわ! その調子よ! もっともっと、出しなさい!」
「はいッ! カエレ先生!」
 その後、カエレ先生のセックス指導は延々と続き、受験生Aクンはめでたく救急車のお世話となった。そんな受験生Aクンは、これ以上ないほどに幸せな顔をしていたと言う。

(おわり)

kaesen.jpg
「ふふッ、この先は先生がして」
 とろけた目で見つめながら、先生に身体を寄せる。
「日塔さん、あとは私にまかせるなんて、丸投げ状態ですか? ひどく普通な行為ですよ」
 先生はボタンが外されたブラウスを、するりと取り去った。そしてホックが外された、ぷらりとぶら下がっているブラに手を伸ばす。
「先生、それを取っちゃったら、もう普通じゃないよ?」
「いえいえ普通ですよ、おっぱいが見えるくらいは」
 ブラの肩ひもが腕を滑り落ち、ぱさりと床に落とされる。

(つづく)

futuu005.jpg
sensejpg.jpg

スイマセン今風邪ひいててへろへろポン太ですー。
よかったー
おもろかったー!

個人的に単行本の書下ろしがー!カエレ好きだーー!
過去最高にエロいんじゃ・・・?
もうちょっと経ったらネタバレイラでもww

ちなみにイラは今ヘロヘロなのでろくなもの描けそうに無いから
先生で!という気持ちで描き出した先生です。
ごめんよーテンテー。
女子の作画がヒドくなるよりはいい!

お布団にバタリしますー。
ooura

大浦さんが可愛かったのでラクガキー

今日はお部屋に空気清浄機が来ました。
空気キレイ!確かに!
水でお皿を洗っていたら鼻が痛くなって
寝て起きたら喉が痛くなっていたので空気がキレイになって
助かりました。

ではまたー!
080913_1714~01

ポン太ですー
ウチのサイトと同人誌を見て頂いてる方は聞き飽きたと思いますが
私ポン太が体調を崩しぎみなのですー。
更新が無い時は布団で寝てると思って頂いて間違いないかと!
いやになっちゃうわん。
なのでまったり更新楽しみにして頂けたら嬉しいです。

マフマフのヒトナミちゃん小説はエローく仕上がっているので早く世に出したいのですが
マフマフと話し合って絵付の方がいい!という結論になったので
まったりお待ち下さいませー。

写真は日記が寂しいのでドデカクリームソーダ写真を上げてみる。
こんだけジュース飲むと超おなか冷えるよ!
んでも大きい食べ物好きー。楽しいー。
 とろりとした目を先生に向け、優しい笑みを浮かべる。
「うふふ、これで普通じゃありませんよね」
 しかし先生は、またも水をさしてくる。
「何を言っているのですか? どんなに深いキスをしても、しょせんはキスです」
 奈美の顔が凍りつく。
「キスなんてAですよ? ABCのAです、まだ準備の段階じゃないですか。普通極まりない行為ですよ」
 真顔で見つめてくる先生に、奈美は意地を見せる。
「なら、これでどうですか?」
 制服のリボンをしゅるりと解き、くすくすと小悪魔のような笑みを浮かべる。奈美の服がはだけていく。ブラウスのボタンを外し、ブラのホックを外す。スカートのホックを外し、ジッパーを下ろす。しかし、外すだけ。脱ごうとはしない。

(つづく)

futuu004.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。