FC2ブログ
浜岡ポン太、マフマフが運営する同人サークル「マフポコ」のサイトです。

※18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先生は愛汁で濡れているパンツに、唇をあてがった。パンツ越しの、秘花へのくちづけ。奈美の全身に、甘い電撃が走る。
「ひぅッ、ふぁああぁん」
 唇を秘花に押し当て、舌先で秘花をつつく。奈美は背中を反らせながら、秘花をぴくんと震わせた。そんな奈美の反応を、先生は楽しそうに眺めている。
「さて、では、いただきますね、日塔さん」
 何をされるのか分からない奈美は、不安げに先生を見つめる。
〝じゅるッ、じゅりゅるりゅりゅりゅッ〟
 パンツを一気に吸い上げる。大量に染み込んでいた愛汁が、先生の口内に吸い流れていく。更にパンツの奥にある秘花も吸い上げられ、壺穴から蜜が吸い出される。
「ひぃうッ、そッ、そんなに、つよッ、強く吸わないでぇッ」
 羞恥に耐えられず訴えかけてくる奈美を、先生はくすくす笑みながら楽しげに眺める。そして、よりいやらしい音が出るように、わざと蜜をじゅぶじゅぶと、音をたてて吸い上げる。
「日塔さん、ずいぶんとたくさん、いやらしい汁を垂らしていますねぇ。いくら吸っても吸っても、止めどなく溢れてきます」
「やぁ、そんなことないですッ、私、そんなに出してないですッ」
 先生はフフッと笑みながら、奈美に自分の口の中を見せた。そこには大量の愛汁が、たっぷんと溜まっている。
「やッ、うそ、こっ、こんなに、うそみたい、私、こんなにぃ」
 驚きと恥じらいを見せる奈美の前で、先生はこくんと喉をならした。たくさんの愛汁が、先生の中へと流れ落ちる。愛汁を飲みこんだ先生を見て、奈美はまたも秘花を濡らしてしまう。
「実に美味しいですよ、普通に美味しいお汁です。素晴らしいですよ、日塔さん。あなたのお汁は普通に最高です」
 褒めまくる先生、しかし褒められれば褒められるほど、奈美は恥ずかしい気持ちでいっぱいになる。
「やだぁ、変なこと言わないでよぉ、先生ぇ」
「何を照れているのですか? 本当に美味しかったですよ。お汁のとろみ具合、ぬくもり、香り、嫌みのない塩み、いくらでもしゃぶり吸い上げたい、素敵なお汁です」
 奈美は頬を真っ赤にしながら、先生に言う。
「そ、そんなにいいんですか? 私のお汁……じゃあ、私、もう普通じゃないですよね?」
 先生は奈美の耳元で、そっと囁く。
「まだです。まだまだ普通ですよ、日塔さん」
 奈美は切ない気持ちがこぼれ、涙を溢れさせてしまう。
「私、ずっと普通なんですね……先生、私、これからもずっと、ずっとずっと、一生普通のままなんですか?」
 先生は涙を、舌で拭い上げた。

(つづく)
futuu00012.jpg
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
 フフッと薄暗く笑みながら、先生は人差し指で秘花をつついた。
”クチュリ”
「ひんッ、やあぁんッ」
 桃色の声が漏れるのと同時に、パンツから淫靡な水音が響いた。先生の指先が、とろっとした汁に濡らされる。先生はその指を奈美の目の前に突き出し、見せつける。
「ちょっと触っただけで、これですよ」
 てらりとぬるついている指を見せられ、奈美は強烈な羞恥に襲われる。どうしようもなく恥ずかしい。
「やッ、そ、そんなの見せないでぇ」
 先生は不敵に笑み、奈美に自分の下腹部を覗かせる。
「ここ、たっぷりと蜜を吸って、いやらしいシミができてます。とてもエロティックなパンツになっていますよ、日塔さん」
 奈美は恥ずかしくて恥ずかしくて、頭が変になりそうだった。しかし先生の顔を見ると、全てをまかせてしまいたい衝動に襲われる。先生にまかせてしまえば、幸せな気持ちになれる、幸せな心地よさを与えてくれる、そんな気がする。
 鼓動が速まり、全身が熱く火照っている。明らかに今の自分は、いつもの自分ではない、奈美はそう思えた。
「先生、私、もう普通じゃないですよね?」
「普通ですよ、日塔さん。女性は感じると、普通に蜜を溢れさせるのです」
「うそ、私、もう普通じゃないよ。こんな気持ち、普通じゃないもん」

(つづく)

futuu00011.jpg
 えっ? と驚いた顔をして、先生を見つめる。そして首を少しだけ傾けて、嬉しそうにえへへと笑った。
「さぁ、続きをしてあげます」
 先生はひどく優しいタッチで指を動かす。そして秘部まであと数ミリ前というところで、指の動きがで止まった。
 どうしたのだろうと、奈美は下腹部を覗き込む。すると指は、秘部のまわりをぐるぐるとさすり出した。
「え? や、やぁん」
 パンツの上から、秘花の周囲を撫でられる。秘花の大きさにあわせた楕円を、何度も何度も、ぐるぐる、ぐるぐると描き続ける。
「やぁ……それ、なんだか……いやぁ」
 秘花に触れてくると思ったのに、その周辺だけを触られる。触られると身構えていたのに肩すかしをくらい、ひどい空虚感に襲われた。先生の指は秘花の周囲に生える黒い茂みを、しゃりしゃり、しゃりしゃりと撫でている。秘花の周りの、ぷにぷにとした柔らかな肉丘が、先生の指に撫で押される。
「やだよぉ……これ、いやだよ……やあぁ」
 だんだんと楕円を小さくなっていき、指が秘花に近づいていく。しかし秘花の目の前にまでくると、楕円は大きくなっていき、秘花から離れていってしまう。楕円は小さくなったり大きくなったりを繰り返す。つまり、秘花へ近づいては離れ、近づいては離れを、繰り返している。
 奈美は身体を震わせながら、必死に耐えていた。しかし先生のじらしに耐え切れず、限界を超えてしまう。
 突然、奈美は叫びだした。
「もういやぁッ! 私、もう我慢できません!」
 しびれを切らせた奈美は、心の内に溜め込んでいた気持ちを、全てぶちまけてしまう。
「先生、触って! はやくッ! はやく触ってください! もう我慢するのはイヤぁ!」

(つづく)

futuu00010.jpg
「や、やぁん……いやぁ」
 甘い吐息を漏らしながら、奈美は小さく悶える。そして内股になって、もじもじと内ももを擦り合わせる。何かに耐えるような表情を浮かべる奈美は、羞恥に顔を歪ませていた。
「どうしました? そんなに色っぽいお顔をして。お股をもじもじさせるなんて、もしかして、濡れてきてしまいましたか?」
 先生はクスッと笑み、くすぐるようなソフトタッチで奈美の太ももを撫でた。
「やッ、やッ、先生、そこダメぇ、そんな触り方されたら、感じて……恥ずかしい……」
 優しくいやらしい先生の指が、徐々に上へと移動する。少しづつ、ちょっとづつ、指がゆっくりと上ってくる。
 奈美は先生の指がどこを目指しているのかに気付き、腰を大きく揺らしてもじもじする。
「やぁ、先生、ダメだよぉ、そこは触っちゃダメぇ」
「ふふッ、そんな普通にいやがって。でも、いつまで保ちますかね? 日塔さん」
 奈美はなかなか上がってこない指にじれていた。触られるのは恥ずかしいが、いつくるのか? いつ触られてしまうのか? と思いながら身構えているのに、いつまで経っても触ってこない。触られたくはないが、はやくして欲しい、そんな矛盾した気持ちに奈美はさいなまれている。嫌と言いつつも何もできず、大人しく先生に身体をまかせてしまう。
 そして遂に、指は奈美のスカートの中に入った。ホックとシッパーが外されているスカートは、腰にちょっとだけ引っかかっているだけである。先生の手がスカートに触れるのと同時に、スカートはするすると奈美の脚を滑りながら、ぱさっと床に落ちた。
「ふふッ、白のパンツですね。なんとも普通です、普通に可愛いです」
 奈美のパンツを見つめながら、先生は意地悪に言う。白いパンツ。控え目に飾られ、少しだけ面積の少ない、大人しいデザインのパンツ。普通を脱しようと少し背伸びをして買った、奈美の勝負パンツ。
「普通、ですか? ……私のパンツ」
 潤んだ目で先生を見つめながら、消え入りそうな声で言う。
「普通ですねぇ、このパンツは」
 奈美は目に涙を溜め、寂しそうに俯いた。
「でも、とても可愛いです。日塔さんにお似合いの、可愛いらしいパンツです。先生好きですよ」

(つづく)

futuu009
「ぺろぺろすると、もっと気持がいいでしょう? こっちの乳首も、気持ちよくしてあげますよ」
 もう片方の乳首を、くにくにと揉み上げる。乳首のサイドを親指と中指で揉みながら、人差し指の先で乳首の先をくすぐるように撫でる。
「ひあんッ、やッ、せ、先生ッ! だ、だめぇ、気持ち、イイッ! 気持ちよくて、変になりそうッ」
 両方の乳首を攻められ、その快楽に奈美の身体は悦んでしまう。むず痒いような、くすぐったいような、そして身体の芯が熱くなるような、とろりとしたものが溢れてくるような、複雑な気分にさせられる。
「そんなに喜んでしまって、日塔さんはスケベな女生徒さんですね。身体を震わせながら感じてしまうなんて、どうしようもなく普通ですよ? 普通にいやらしくて、普通に淫乱な女の子です」
 奈美は頬を桃色に染め、恥ずかしそうに顔を左右に振る。
「そ、そんな言い方、はっ、恥ずかしいです。先生、恥ずかしいよぉ」
「そうです、普通は恥ずかしいものですよ? 乳首を弄ばれてしまうなんて」
 口の中にある乳首を唾液でたっぷりと濡らし、滑らかに舐め上げる。そして濡らされた乳首を吸い上げ、唾液を吸い取る。舌先で乳首の先端とサイドをくにくにと揉み上げ、また唾液でたっぷりと濡らす。この繰返しを、何度も何度も続けていく。
「や、やッ、そ、そんな、きもちい、ああんッ! 先生、そんなふうにしたらッ、恥ずかしい、気持ちいいよぉ」
 ぴくん、ぴくッ、と背中を震わせて感じている奈美に、追い込むような辱めの言葉を投げかける。
「いやらしい感じ方をしますね、日塔さんは。とっても普通にいやらしいですよ」
 先生の言葉に、奈美はいやいやと首を振る。先生は舌の上で乳首を転がしながら、奈美を見上げて言った。
「奈美さん、すっかり乳首が勃起してしまいましたね。こんなにこりこりにして、あなたは普通にすけべな女生徒さんですよ」
 先生の言葉攻めに、奈美は身体の芯を熱くしてしまう。乳首攻めと相まった強烈な快楽に、奈美はすっかり酔わされていた。熱い想いが、下腹部から蜜を溢れさせてしまう。

(つづく)

futuu008.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。